ネットサービス

月額13万円でTwitterは企業向けの「金色の認証済みバッジ」を販売することを計画しているとの報道


Twitterは月額1200円で認証済みバッジが買える「Twitter Blue」をリリースしてから、認証済みバッジを「個人が青」「企業が金」といった風に色分けするようになりました。Twitterはこの企業向けの金色の認証済みバッジを、月額1000ドル(約13万円)で販売することを計画していると報じられています。

Briefing: Twitter Considers Charging Brands $1000 Per Month to Stay Verified — The Information
https://www.theinformation.com/briefings/twitter-considers-charging-brands-1000-per-month-to-stay-verified

Twitter may soon charge brands $1000 to keep gold checkmark | Mashable
https://mashable.com/article/twitter-charging-brands-for-gold-badge

Twitterはイーロン・マスク氏に買収されて以降、収益改善策のひとつとして認証済みバッジが買える「Twitter Blue」をリリースしました。その後、Twitterアカウントが公式によるものであることを示す「認証済みバッジ」(青色チェックマーク)の仕様を変更することを発表し、2022年12月から企業の公式Twitterアカウントを「金色のチェックマーク」で示すようになりました。「金色のチェックマーク」の登場と同時に、TwitterはTwitter Blueの企業版となる「Blue for Business」(記事作成時点ではVerification for Organizations)をリリースしていますが、料金体系については不明なままです。

Twitterで認証済みバッジが買える「Twitter Blue」の企業版「Blue for Business」がスタート、チェックマークは金色 - GIGAZINE


The Informationが入手したTwitterの内部文書によると、同社は企業アカウントに認証済みバッジを年間1万2000ドル(約160万円)で販売することを計画しており、提携アカウントごとに50ドル(約6600円)の追加料金を請求することも計画している模様。

Twitterが企業向けに金色チェックマークを月額1000ドルで販売することを計画していると最初に指摘したのは、ソーシャルメディアコンサルタントのマット・ナバーラ氏です。同氏はThe Informationの報道よりも前に、Twitterが月額1000ドルで企業に金色チェックマークを販売することを検討しており、企業向けに案内メールを送信していると報じていました。


なお、Twitterのイーロン・マスクCEOはTwitter Blueで認証済みバッジを販売するにあたり、当初価格を月額19.99ドル(約2600円)に設定していたものの、ユーザーからの大きな反発があったため価格を引き下げました。そのため、「月額1000ドル」という価格設定もリリース前に変更される可能性があると海外メディアのMashableは指摘しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
月額1200円で認証済みバッジが買える「新生Twitter Blue」をイーロン・マスクが正式公開、灰色の公式チェックマークは即廃止に - GIGAZINE

イーロン・マスクがTwitterの新しい認証済みバッジでは「個人が青」「企業が金」「政府がグレー」のチェックマークに変わると発表 - GIGAZINE

Twitterで認証済みバッジが買える「Twitter Blue」の企業版「Blue for Business」がスタート、チェックマークは金色 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.