メモ

Twitterが不要になったオフィス用品をオークションに出品


Twitterのサンフランシスコ本社が、社内で使用していたオフィス用品数点をネットオークションにかけました。ホワイトボード、鳥のオブジェ、ピザオーブンなどが出品され、Twitterはこのオークションによりおよそ2億円の利益を上げたとみられています。

Heritage Global Partners | Twitter: Online Auction Sale Featuring Surplus Corporate Office Assets of Twitter!
https://bid.hgpauction.com/auctions/8421/herita10194

Want a Giant Neon Twitter Bird? It’s One of Many Items Up for Auction. - The New York Times
https://www.nytimes.com/2023/01/17/business/twitter-office-auction.html

Twitter headquarters is auctioning office supplies, furniture and memorabilia : NPR
https://www.npr.org/2023/01/18/1149731084/twitter-office-supplies-auction-online

日本時間の2023年1月18日0時から19日の午前3時まで、Twitterサンフランシスコ本社が27時間限定のネットオークションを開催し、不要になったオフィス用品を売りさばきました。


出品された製品はホワイトボード(アナログデジタル)やビールディスペンサー(Kegerator)、大量のマウスやキーボードマスクなど計631点です。

また、Twitterの象徴ともいえる鳥型のネオンサインは2万2500ドル(約289万円)で入札されていたとのこと。


他にも鳥のオブジェが2万500ドル(約263万円)


「@」を模したプランターが8250ドル(約106万円)


なぜオフィスにあるのか分からないピザオーブンが1万ドル(約128万円)


防音会議室ブースが7250ドル(約93万円)


オフィスチェアが4900ドル(約63万円)


充電ステーションにもなるステーショナリーバイクが2400ドル(約31万円)で入札されていました。


これら製品が出品されたオークションサイト、ヘリテージ・グローバル・パートナーズの親会社であるヘリテージ・グローバルの最高経営責任者ロス・ダブ氏は、オンライン入札に登録した人は2万人以上で、過去90年間の同社のオークションの中で最多だったと述べており、この人気は大衆がTwitterとイーロン・マスク氏に魅了されていることが理由だろうと分析しました。ダブ氏は、このオークションでTwitterに約150万ドル(約2億円)の利益がもたらされると見積もっています。

このオークションは、マスク氏が10月にTwitterのCEOに就任して以来、積極的なコスト削減と増収を目指すさなかに行われたもの。このオークションを知ったTwitterの元製品担当上級副社長、ケヴィン・ワイル氏は「Twitterのオフィス用品がオークションに出品されているのを見るのは奇妙です。違う時代の素晴らしい思い出です」とツイートしました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
イーロン・マスクの学生時代の元カノが写真と記念品をオークションに出品 - GIGAZINE

Twitter買収時に生じた約1兆7000億円の負債利子の最初の支払日が間もなく訪れる - GIGAZINE

Twitterアジア本社のスタッフが家賃不払いで退去を命じられる - GIGAZINE

Twitterがユーザー名をオークションで販売することを計画中、マスク氏は「15億のユーザー名を解放したい」と過去に発言 - GIGAZINE

Twitter本社に違法な仮眠室が設けられたとして規制当局による調査のメスが入る - GIGAZINE

in Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.