メモ

Appleが労働者を尋問したり反組合集会に参加させたりした労組結成妨害行動に違法の判断


アトランタにあるApple Storeの従業員による組合結成がAppleによる妨害で中止になった一件で、アメリカの全国労働関係委員会(NLRB)はAppleの行動が連邦法に違反していたと判断しました。

Apple’s Anti-Union Tactics in Atlanta Were Illegal, US Officials Say (AAPL) - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-12-05/apple-s-anti-union-tactics-in-atlanta-were-illegal-us-officials-say

Apple anti-union tactics used in Atlanta were illegal – prosecutor
https://9to5mac.com/2022/12/06/apple-anti-union/

HUGE NEWS: NLRB has found merit on an unfair practice charge filed by @CWAUnion against Apple for thwarting organizing efforts at the Cumberland mall location by holding mandatory captive audience meetings, unlawfully interrogating employees, and more. https://t.co/yVMv5oXtfy

— Apple Retail Union (@Apple_Union)


Appleの従業員組合結成をサポートするアメリカ通信労働組合(CWA)は、アトランタでの組合結成に関する投票を断念した際、Appleが従業員に対して反組合的な演説が行われる会議への出席を強要したと主張。NLRBは「出席を強制したのであれば連邦法違反」との見解を示していました。今回、NLRBは自ら調査を行い、Appleが従業員への尋問や反組合会議への出席強要を行い、連邦法に違反していたという判断を下しました。

NLRBのKayla Blado報道官は、Appleが和解に応じない場合は告訴すると発表しています。

CWAは「Appleの幹部たちは、自分たちにはルールが適用されないと思っています」「違法な反組合会議の開催は、組合つぶしというだけでなく、心理戦の一例でもあります。これをNLRBが『労働権の侵害』と認識したことを我々は称賛します」と述べました。

なお、アトランタのApple Storeでの組合結成投票は前述の通り断念されましたが、諦めたわけではなく、次の機会を狙っているとのこと。アトランタでの投票実施断念後、メリーランド州のApple Storeでは組合結成投票が賛成多数で可決されています。

Appleの店舗が初の組合結成へ、メリーランド州で行われた投票が賛成多数で可決 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Appleが小売店のマネージャーに「従業員が組合を結成しないように」と指導していたことが明らかに - GIGAZINE

「会社との対話に労働組合を構える必要はない」というMicrosoftが掲げる4つの原理とは? - GIGAZINE

Googleがコンサルタントを雇って反組合キャンペーンを計画していたことが判明 - GIGAZINE

Amazonの労働組合結成を問う投票が「Amazonの大勝」で決着、Amazon初の労組結成は失敗 - GIGAZINE

Amazonは労働者と労働組合を監視するために「組合つぶし業者」のスパイを現場に送っている - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.