メモ

「暴力」は人間の本質なのか?


人類最古の文明は3000~4000年前に出現しましたが、それから現代までの間に戦争がなく平和だった期間は268年間しかないと言われています。また、有史以来戦争で命を落とした人は10億人に達するとの推計もあります。このように、人類の歴史は戦争と暴力に彩られていますが、こうした攻撃性は人間が生まれつき持っているものなのか、社会の仕組みが人間にそうさせているのかという命題に、科学系ニュースサイトのLive Scienceが切り込みました。

Are humans inherently violent? | Live Science
https://www.livescience.com/are-people-inherently-violent

2014年に科学誌のNatureに掲載された論文によると、人類に最も近い類人猿であるチンパンジーのコミュニティを50年以上研究した結果、18の群れのうち15の群れで合計152件のチンパンジー同士の殺害事件が確認され、そのほとんどが群れの中の個体同士で発生したものだったとのこと。このことから、一部の科学者らは「少なくとも人類とチンパンジーの共通の祖先までは、暴力が一般的な選択肢だった」と考えています。


カナダ・オンタリオ州にあるゲルフ大学の進化心理学者であるパット・バークレー氏はLive Scienceに対して、「最古の歴史的な記録より古い暴力の証拠があります。それは、矢尻がめり込んだ頭蓋骨など、暴力的な死の痕跡です。このことは、複雑な社会や文明が発達するより前に暴力があったことを示唆しています」と話しました。

しかし、もし人類文明の源流に暴力があったのなら、そこから派生したあらゆる社会で同じように暴力がはびこっていてもおかしくありませんが、暴力の発生率は地域や文化、そして時代によって大きく異なります。例えば、遊牧民の社会では対人暴力のレベルが比較的低めですが、略奪や征服が盛んだった時代では当然ながら暴力は高水準でした。また、欧米としてひとくくりにされることが多いアメリカとヨーロッパを比較しても、アメリカはほとんどのヨーロッパ諸国より暴力的です。

このことは、人類という種の中でも暴力が多い社会と少ない社会があることを示していると指摘した上で、バークレー氏は「社会の間で、暴力の発生率には桁違いの差があります。ある社会では男性の半分がもう半分の男性によって暴力的に殺害されたという記録がある一方で、現代の日本のように肉体的な暴力が非常にまれな社会もあります」と話しました。


最初の暴力がどこから生まれたのかは分かりませんが、暴力が暴力を生むことはよく知られています。つまり、紛争がよく起きる文化では暴力が世代を超えて広まる可能性が高いため、暴力はある種の感染症と同じく伝染するものだと唱える疫学者もいます。

しかし、暴力がまん延していない社会にも暴力は存在します。イギリス・バース大学で政治的暴力を専門に研究しているブラッド・エバンス氏は「普通の善良な人でも、状況が変わるとすぐに怪物に変わることがあります。ですから、人がなぜ暴力的な行動に出るのかを説明する明確な公式は存在しません。だからこそ、問題は複雑なのです」と述べました。


バークレー氏とエバンス氏によると、人と人とが接触するほどうつりやすい感染症とは異なり、暴力は加害者が被害者から離れているほど実行が容易とのこと。つまり、物理的に人を殴りつけるよりも、核ミサイルの発射ボタンを押す方がはるかに容易だということです。

例えば、「アイヒマン実験」として有名な実験では、実験者が被験者に「他の人に与える電気ショックをどんどん強くするように」と指示したところ、被験者と電気ショックを受ける人の物理的な距離が近ければ近いほど被験者が嫌がったことが報告されました。また史実においても、大量虐殺は加害者が自分と異なる人種や民族を人間と見なさなくなった時や、加害者と被害者の間に心理的な距離が置かれた時に発生しています。


科学者の間でも、「人間は進化の歴史の中でずっと暴力的な動物だった」とする考え方と、「暴力は定住生活や家父長制イデオロギー、致命的なテクノロジーが生み出したものであり、人間は元来温和な『高貴な野蛮人』であった」とする考え方が対立しており、決着はついていません。このことから、人間の暴力には集団が他の集団から資源や土地を奪う時に見られる「積極的な暴力」と、そうした暴力に直面した時の反応である「反応的な暴力」の2種類あると提唱する研究もあります。

暴力が人間の本能に染みついているように見える一方で、人間社会は弱肉強食の自然界よりも明らかに平和です。このことからバークレー氏は「客観的に見れば、人は以前より暴力にさらされる危険性がはるかに低く、現代を生きる私たちは歴史上最も平和な時代にいると言えます。しかし、今後もそうとは限りません。気候変動と戦わない限り食糧不足、災害、絶望、そして戦争の理由が増え続けるでしょう」と結論付けました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
地球温暖化によって交通事故や暴力事件による死亡者数が増加する可能性がある - GIGAZINE

暑すぎたり寒すぎたりすると「ネット上のヘイトスピーチ」が増加する - GIGAZINE

「気温が上昇すると自殺が増える」という研究結果が発表される - GIGAZINE

寒い日には「怒っているツイート」が多くなるという研究結果 - GIGAZINE

不平等は「暴力」によって解消される - GIGAZINE

アメリカ人の大半は「内戦勃発は近い」と予感している、8割近くが「暴力OK」と答える世紀末状態 - GIGAZINE

なぜ抗議活動はしばしば暴力に発展してしまうのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.