ネットサービス

Twitchがギャンブルサイトのストリーミング禁止へ、4000万円規模の巨額詐欺事件が原因か


ライブストリーミング配信プラットフォームのTwitchが2022年9月20日に、10月18日から主要なギャンブルサイトのストリーミングを禁止する方針を打ち出しました。背景には、有害なコンテンツが若年層に広まることへの懸念や、ストリーマーによるギャンブルがらみの詐欺事件があると伝えられています。

Twitch Bans Big Gambling Sites After Streamers Threaten Strike
https://kotaku.com/twitch-gambling-xqc-pokimane-stake-trainwreck-betting-1849560661

Pokimane, Twitch Streamers May Strike After $200k Gambling Scam
https://kotaku.com/twitch-gambling-scam-pokimane-mizkif-hasanabi-strike-1849554448

Twitch To Ban Crypto Gambling Livestreams From Video Platform - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-09-20/twitch-bans-crypto-gambling-livestreams-from-the-video-platform

TwitchはSNSに投稿した声明の中で「私たちはスロット、ルーレット、ダイスゲームを含むすべてのギャンブルサイトへのリンクや紹介コードの共有を禁止していますが、こうしたルールの抜け穴をついて私たちのコミュニティを潜在的な危険にさらす人たちが見受けられます。そこで、10月18日にポリシーを更新し、アメリカなど十分な消費者保護を提供する法域でライセンスを受けていないスロット、ルーレット、またはサイコロゲームを含むギャンブルサイトのストリーミングを禁止する予定です」と発表しました。対象となるギャンブルサイトとしてはStake.com・Rollbit.com・Duelbits.com・Roobet.comが名指しされていますが、さらに追加で指定する可能性もあるとしています。


Twitchの統計データを公開しているTwitchTrackerの調べによると、Twitchではギャンブルの配信が常時5万人以上に視聴されており、オンラインゲーム・Fortniteの実況プレイに近い人気を誇っているとのこと。そうした配信では、ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨を使ってスロットやブラックジャックなどのギャンブルに興じる配信者の様子がストリーミングされており、ある人気ストリーマーは「Stake.comのようなスポンサーは、インフルエンサーに月100万ドル(約1億4400万円)以上を払っている」と話しています。


また、Twitchではギャンブルにのめりこんだストリーマーが視聴者から金銭をだまし取る事件も発生しています。伝えられるところによると、「Sliker」というスクリーンネームで活動しているAbraham Mohammed氏というストリーマーは、ギャンブル依存症でお金に困っているとして、ファンや他のクリエイターから多額の資金を集めていたとのこと。しかし、同氏は9月17日に告白映像を公開し、その中でファンから集めた資金をCounter-Strike: Global Offensiveというシューティングゲームの賭け試合で使い込んでしまっていたことを認めました

Counter-Strike: Global Offensiveではゲーム内で武器の見た目を変更するスキンがリアルマネートレードにより流通しており、一部の希少なスキンには数千ドル(数十万円)の値が付くこともあるため、外部サイトではこうしたアイテムが賭け試合のチップとして使用されているといいます。

被害額は少なくとも20万ドル(約2800万円)とされているほか、被害者の救済を申し出ているTwitchストリーマーは最大で30万ドル(約4300万円)が必要になると見積もりました。


この事件を受けて、Pokimane、Mizkif、Devin Nashといった著名ストリーマーが相次いでギャンブルへの反対を表明。フォロワー数の多い10~20人のストリーマーが連名でTwitchにギャンブル禁止を求める共同声明や、クリスマスの前後にTwitchで配信を行わないボイコット活動などが計画されていました。

Twitchは、10月18日からのギャンブル禁止に向けて、近日中に新ルールの詳細やポリシーの全文を公開する予定としています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「Twitchは荒らしの差別コメント爆撃からユーザーを守るべき」と訴えて1日だけ配信をボイコットする「#ADayOffTwitch」が勃発 - GIGAZINE

Twitchは「人気配信者が脅迫やストーカーに遭遇しやすい問題」の対策を迫られている - GIGAZINE

Twitchの人気配信者がYouTubeと独占契約するケースが続出、YouTubeの狙いとは? - GIGAZINE

Twitchがクリエイターのサブスク収益還元率を70%から50%に削減することを検討中か - GIGAZINE

Twitchのデータ大量流出事件が浮き彫りにした「配信者の稼ぎ」の実情とは? - GIGAZINE

in ネットサービス,   ゲーム, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.