レビュー

バッテリー交換可能な360度カメラ「RICOH THETA X」の連続録画可能時間を検証してみた


リコーが2022年7月に発売した360度カメラ「RICOH THETA X」は、THETAシリーズで初めてバッテリーの交換に対応しており、リコー製のデジタルカメラで採用されているバッテリー「DB-110」を使うことが可能です。複数のバッテリーを用意すれば長時間に撮影にも対応できますが、バッテリー1個でどれだけの時間ムービーを撮影できるのか気になったので、実際に試してみました。

製品紹介 | RICOH THETA X
https://theta360.com/ja/about/theta/x.html

リコーのTHETAシリーズは、2個のカメラを前後に搭載しており、ワンボタンで周囲の景色を360度記録可能なカメラです。中でも2022年7月に登場したRICOH THETA Xは5.7Kという高精細なムービー撮影が可能なモデルで、THETAシリーズとして初めてバッテリーの交換に対応しています。RICOH THETA Xの詳細な外観は、以下の記事で詳しく確認できます。

タッチパネル搭載&5.7Kムービーを撮影可能な360度カメラ「RICOH THETA X」の外観を徹底チェックしてみた - GIGAZINE


RICOH THETA Xは、側面にバッテリースロットが搭載されており、バッテリーの交換が可能。従来のTHETAでは長時間撮影時に充電待ち時間が発生していましたが、RICOH THETA Xでは複数のバッテリーを準備することで待ち時間なしの長時間撮影が可能です。


なお、バッテリーを充電する際は別売りの充電アダプターが必要です。以下の写真ではリコー製の充電アダプター「K-ACU2J」を使っていますが、スマートフォンの充電などに用いるUSB電源アダプターでも代用可能です。


バッテリー1個でムービーをどれだけの時間撮影できるか検証するべく、以下のように三脚を用いて机の上に固定し、解像度・fps・ビットレートを最も低い「2K・30fps・8Mbps」に設定してムービーを撮影しました。


RICOH THETA Xでは撮影開始から25分で自動的に録画が終了するので、録画終了のたびに手動で撮影ボタンを押して録画を続行しました。その結果、「2K・30fps・8Mbps」という設定では合計75分撮影した時点でバッテリー残量が0%となり、電源が落ちました。


次に、解像度・fps・ビットレートを最も高い「5.7K・30fps・120Mbps」に設定して同様の実験を行ったところ、撮影開始から11分59秒で本体温度上昇によるエラーが発生して電源が自動的にOFFになってしまいました。今回は室温25度の屋内で撮影していたため、気温の低い季節や風のある環境では長時間の撮影が可能かもしれませんが、5.7Kでの撮影は短いムービー専用と割り切るのが良さそうです。

なお、RICOH THETA Xは記事作成時点ではAmazon.co.jpで税込10万9800円で販売されています。また、RICOH THETA Xで使用可能なバッテリー「DB-110」は税込3928円で販売されています。

Amazon | RICOH THETA X メタリックグレー 360度カメラ 【THETAシリーズのアドバンスドモデル】2.25型 大型液晶タッチパネル 最大約60MP(11K)静止画撮影 最大5.7K/30fps動画 手振れ補正機能搭載 内蔵メモリー46GB GPS内蔵 256433 (本体のみ) | コンパクト 通販


Amazon.co.jp: RICOH DB-110 充電式リチウムイオンバッテリー 【対応機種 RICOH GR IIIx / RICOH GRIII / RICOH WG-7 / RICOH WG-6 / G900シリーズ】メーカー純正品 リチャージャブルバッテリー 37835 : パソコン・周辺機器

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
タッチパネル搭載&5.7Kムービーを撮影可能な360度カメラ「RICOH THETA X」の外観を徹底チェックしてみた - GIGAZINE

タッチパネル搭載360度カメラ「RICOH THETA X」は設定も撮影結果チェックもスマホ接続不要でサクッと可能でした - GIGAZINE

全天球360度写真&ムービーをボタン1つで撮影できる「RICOH THETA Z1」実機レビュー - GIGAZINE

4K/30fpsの360度ムービーが撮影可能で低価格なのにハイスペックな全天球カメラ「RICOH THETA SC2」実機レビュー - GIGAZINE

ボタン一発で360度写真が簡単に撮れる「RICOH THETA」をパワーアップさせるアクセサリーを使ってみました - GIGAZINE

360度全方向を捉えて夜間・長時間露光撮影に対応、ライブストリーミングも可能な高機能天球カメラ「RICOH THETA S」実機レビュー - GIGAZINE

プロ顔負けの全天球写真・ムービーを簡単に撮影できる「RICOH THETA m15」レビュー - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.