乗り物

中国の「制御不能ロケット」がフィリピン近海に落下し火の玉の映像が多数ネット上に投稿される、「中国は無責任」とNASA


2022年7月末ごろに地球上に落下すると予測されていた中国のロケットが、7月31日にフィリピン西部の海に落下していたことが分かりました。NASAは事前の情報共有がなくスペースデブリの管理に関する責任も果たしていないとして、中国を非難しています。

NASA Administrator Statement on Chinese Rocket Debris | NASA
https://www.nasa.gov/press-release/nasa-administrator-statement-on-chinese-rocket-debris

See China's huge uncontrolled rocket debris fall from space in fiery skywatcher videos | Space
https://www.space.com/china-rocket-debris-reentry-skywatcher-videos

China rocket: Debris of the rocket reentered the atmosphere over Indian Ocean, US Space Command says - CNN
https://edition.cnn.com/2022/07/30/world/china-rocket-debris-enters-atmosphere/index.html

アメリカ宇宙コマンドは7月31日に、「中国の長征5Bロケットが米国山岳部標準時の2022年7月31日10時45分(日本時間の31日1時45分)にインド洋上空に再突入したことを確認しました」と発表しました。インド洋上空から大気圏内に突入したロケットの部品はその後、フィリピンの南西部にあるパラワン島の付近に落下したと報告されています。

Chinese report gives their estimate, a little further down track, at 119.0E 9.1N https://t.co/UhxuJX8il2 pic.twitter.com/eJPJm39Dvn

— Jonathan McDowell (@planet4589)


ロケットが落下した時現地は夜だったので、マレーシアなど落下地点付近の地域では夜空を照らす火の玉の目撃例が相次ぎました。また、衝撃波によるソニックブームを聞いたという証言もあるとのこと。

meteor spotted in kuching! #jalanbako 31/7/2022 pic.twitter.com/ff8b2zI2sw

— Nazri sulaiman (@nazriacai)

Suspected rocket debris at Sibu Sarawak Area pic.twitter.com/xIROJGM0PD

— tang (@tanghenry3)

#China:The debris of the upper stage of the Long March 5B Y3 rocket (#CZ5B) has re-entered the atmosphere in #Sulu sea around 119.0°E, 9.1°N, and most of the components have been burnt out during re-entry. pic.twitter.com/StX0QDmYiA https://t.co/WgrJXtD7dX

— Wᵒˡᵛᵉʳᶤᶰᵉ Uᵖᵈᵃᵗᵉˢ???? (@W0lverineupdate)


今回落下したのは、中国が2022年7月24日に打ち上げた長征5Bロケットの「コアステージ」と呼ばれる第1段目の大型ブースター部分で、重さは20トン以上もあります。大気圏突入時に大部分は燃え尽きたと推測されていますが、アメリカの航空宇宙会社・The Aerospace Corporationのスペースデブリ研究所によると、「5.5トン~9.9トンの部品が再突入に耐えて地上に達する」との予測もなされているとのこと。


これほど大きなパーツが東南アジアの人々の頭上をかすめて落下したことを受けて、NASAのビル・ネルソン長官は「宇宙を利用する国は、宇宙空間の物体の再突入による地上の人々の生命および財産へのリスクを最小限に抑え、その運用に関する透明性を最大化しなければなりません。中国がスペースデブリに関して責任ある基準を満たしていないことは明らかです」との非難声明を発表しました。

同長官はまた、Twitterでも「中国は、長征5号Bロケットが地球に落下する際の具体的な軌道情報を共有しませんでした。宇宙を利用するすべての国は、確立されたベストプラクティスに従ってこの種の情報を事前に共有し、潜在的なデブリの衝突リスクについて信頼性の高い予測を可能にするという役割を果たすべきです。特に、長征5Bロケットのような生命と財産を失う大きなリスクを伴う大重量物打ち上げロケットならなおさらです」と述べました。

The People’s Republic of China did not share specific trajectory information as their Long March 5B rocket fell back to Earth.

All spacefaring nations should follow established best practices, and do their part to share this type of information in advance to allow…

— Bill Nelson (@SenBillNelson)

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
20トン以上ある中国のロケットが数日後に「制御不能状態」で落下してくる - GIGAZINE

中国の長征5Bロケットが「制御不能状態」で地球に落下してくる見込み、現在位置はここ - GIGAZINE

中国が打ち上げたロケットの部品が学校付近に落下、オレンジ色の有毒な煙が立ち上る事態に - GIGAZINE

インド洋に落下した中国のロケット「長征5号B」に関しNASAが非難声明を発表 - GIGAZINE

中国のロケット長征5号Bのエンジンがニューヨーク上空をかすめて落下、重さは約20トンでここ30年では最大のスペースデブリ - GIGAZINE

中国の長征3号Bロケットのブースターが民家を直撃し猛毒の燃料が飛散したと報じられる - GIGAZINE

制御不能の宇宙ステーション「天宮1号」が間もなく地球に落下 - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.