ネットサービス

Twitterの元CEOが立ち上げた「分散型ソーシャルメディアのオープン標準」プロジェクトが初期テスト版をリリース


Twitterの元CEOのジャック・ドーシー氏が2019年に立ち上げ、現CEOのParag Agrawal氏が中核メンバーとなっていた「Bluesky」が、大規模分散型ソーシャルアプリケーション向けプロトコル「Authenticated Data eXperiment(ADX)」の初期テスト版をリリースしました。

Working In Public - Bluesky
https://blueskyweb.xyz/blog/5-4-2022-working-in-public

Twitter’s open-source offshoot Bluesky releases first experiment - The Verge
https://www.theverge.com/2022/5/4/23057473/twitter-bluesky-adx-release-open-source-decentralized-social-network

What Twitter's open-source arm has been working on • The Register
https://www.theregister.com/2022/05/05/bluesky_update/

Blueskyが開発しているADXは特定のSNSプラットフォームの基盤となるプロトコルではなく、ユーザーが公開したコンテンツをADXを採用しているあらゆるプラットフォームで利用できるようにするというプロトコル。現行の中央集権的なSNSではユーザーデータはプラットホーム側が所有していますが、ADXが掲げる非中央集権的なSNSではユーザーデータはユーザー自身が所有する「個人データリポジトリ」内に保管され、このリポジトリ内部にデータを保持する「スピーチ」と特定プラットフォームにデータを受け渡す「リーチ」の2種を厳密に区分している点が特徴です。


今回Blueskyが公開したADXは、名称に含まれる「eXperiment(実験)」という語句が示す通り初期テスト版という位置づけで、「本番環境には対応していません」「製品版どころかアルファ版ですらありません」「インターフェイスやデータ構造は抜本的に変更される可能性があります」と明記されています。

GitHub - bluesky-social/adx: Experiment in self-authenticating data structures for a federated social network
https://github.com/bluesky-social/adx


初期テスト版の段階で公開に踏み切った理由について、Blueskyは「研究プロセスの一環として、アイデアの検証とエッジケースの発掘用にコードを書きました」と述べ、現状の取り組みに関する理解を深めてもらうために公開したとコメント。「今回のデモは『ソーシャルポスト用のGit』といったところ」「自由に遊んでみてください」と語っています。

なお、Twitterがイーロン・マスク氏による買収などで盛んに報じられている現状について、Blueskyは「Twitterから1300万ドル(17億円)の資金提供を受け、Twitterの元CEOであるジャック・ドーシー氏が役員に就任し、Twitterの元セキュリティエンジニアもチームに参加しているものの、Twitterによる資金提供には何の条件も付されていないことから、自由と独立性は確保されている」と語っています。

The “public benefit” part of our structure gives us the freedom to put our resources towards our mission without an obligation to return money to shareholders. The company is owned by the team itself, without any controlling stake held by Twitter.

— bluesky (@bluesky)

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
TwitterのCEOが「分散型ソーシャルメディアのオープン標準」の開発推進を発表 - GIGAZINE

Twitterの分散型ソーシャルメディアのオープン標準「bluesky」に仮想通貨開発者がプロジェクトリーダーとして就任 - GIGAZINE

イーロン・マスクのTwitter買収後Mastodon新規登録者が約3万人増加 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.