ハードウェア

Mac復活に貢献した「M1チップ」開発についてAppleの上級副社長が語る

by Antonio Marín Segovia

iPhoneシリーズによってスマートフォンブランドとしての地位を確立したAppleですが、長きにわたって主力としてきたMacシリーズはiPhoneの好調に反比例するかのような低迷ぶりを示してきました。この低迷を打破した「Appleシリコン」について、大手経済紙のThe Wall Street Journalが開発を主導したハードウェアテクノロジー担当シニアヴァイスプレジデントのジョニー・スルージ氏へのインタビューを中心に解説しています。

The Chips That Rebooted the Mac - WSJ
https://www.wsj.com/articles/the-chips-that-rebooted-the-mac-11650081649

Apple Silicon's risky chip strategy challenged Apple in multiple ways | AppleInsider
https://appleinsider.com/articles/22/04/16/apple-silicons-risky-chip-strategy-challenged-apple-in-multiple-ways

Mac switch to Apple Silicon profiled in new report by WSJ
https://www.ithinkdiff.com/mac-switch-apple-silicon-profiled-report-wsj/

2006年のMacBook ProとiMac以来、約15年近くAppleはMacにIntel製CPUを搭載し続けてきました。しかし、2020年11月に登場した「M1」でIntelと決別し、以降のMacの売上高はこれまでにない水準を保っています。

初のApple Siliconとなる「M1」チップが登場、5nmプロセスで製造された世界最速のCPU搭載 - GIGAZINE


この売上やM1チップの登場直後の絶賛ぶりを見るとAppleの自社製SoC採用は大成功だったと言えますが、長年採用してきたIntel製CPUを捨てるという決断は困難なものだったとのこと。しかし、2017年にAppleは顧客から「iPhoneとApple Watchは自社製SoCで成功しているのにIntel製CPUのMacはダメだ」という批判にさらされ、アーキテクチャの問題をIntelを超えるペースで指摘し始めたそうです。

こうした経緯で白羽の矢が立ったのが、Apple初のSoCとなる「Apple A4」の開発を主導したことで広く知られるスルージ氏。スルージ氏によると、当時自社製SoCに切り替えるという決断を下した際、Appleにとってコンピューター向けSoCの開発は初めてであるという点や、失敗時に予想される多額の開発費と非難の声に関して、社内で大きな議論が巻き起こったそうです。

スルージ氏が直面した問題の1つが、ハードウェアエンジニアがエントリー価格の製品からハイエンド価格の製品までニーズを満たせるようにSoCを効率化しようとしているのにもかかわらず、ソフトウェアエンジニアはゲームが快適に動作するスペックに仕様を合わせようとしたというもの。この問題について、スルージ氏は「一番大切なのはチップ自体ではなく、『こうすれば本当に良いプロダクトを提供できる』という点につながるのかどうか」という理念で対処していったとのこと。Appleの元エンジニアリングマネージャーによると、スルージ氏のチームは製品開発の中核としてエンジニアリングのニーズとビジネスの必須事項のバランスをとる能力を発揮したため、年々影響力が増していったそうです。

最終的にAppleはiPhoneのチップ戦略をMacに拡大する形で、「iPhoneにもMacにも使えるチップのアーキテクチャを構築する」という目標を立てましたが、障壁となったのが2020年に発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行でした。Appleシリコンの品質検査には「大勢のエンジニアが顕微鏡で精査する」というプロセスが存在したため、スルージ氏はエンジニアがリモートで検査できるようにラボ全体にカメラを設置したとのこと。この措置は、秘密主義と管理主義を長らく貫いてきたAppleでは想像すらできないような変化だったとされています。


スルージ氏はCOVID-19の問題について、「私が人生で学んだことは、自分でコントロールできる物事を全て考えた上で、計画通りにいかない事態に直面した場合は柔軟性と適応力をもって切り抜けないといけない、ということです。COVID-19はその一例ですね」とコメントしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AppleがApple Silicon搭載Macで動作するLinuxの開発プロジェクト「Asahi Linux」を支援か - GIGAZINE

次世代Apple Silicon搭載の「MacBook Pro」海外レビューまとめ、M1 Proチップの実力は? - GIGAZINE

Macをプロ向けの高性能端末に進化させる次世代Apple Silicon「M1 Pro&M1 Max」発表 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.