試食

ボリューム抜群のチキンカツを定番タルタル×生タマネギ感抜群ソースのWソースで堪能できる松のや「Wソースのメガチキンかつ」実食レビュー


松のや「デカ盛」シリーズ1番人気という鶏モモ肉を丸ごと1枚使用した「メガチキンかつ」が、2022年4月13日から「Wソースのメガチキンかつ」として店舗限定で復活を果たします。今回の復活企画では、ジューシー&ボリューム満点なメガチキンかつを松のや定番人気ソースの「タルタルソース」と玉ネギたっぷりな「玉ネギソース」のWソースで楽しめるとのことなので、実際に食べてみました。

松のやでデカ盛り!「Wソースのメガチキンかつ」発売|松のや|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/matsunoya/whatsnew/menu/40040.html

松のやに到着。


店頭には目当てのメニューをアピールする垂れ幕が掛かっています。


今回のWソースのメガチキンかつは、定食(税込790円)と丼(税込750円)、単品(税込550円)というバリエーションがあり……


ライス大盛りは+60円、特盛りは+100円という価格設定。


というわけで、今回は定食(ライス並盛り)をテイクアウトで購入。


メインのメガチキンかつは、かなりの大きめサイズ。


断面側も厚め。


重量は実測で249gです。


今回の限定復活では、風味豊かな香草をたっぷり使用した松のや定番「タルタルソース」と玉ネギたっぷりの香味ソース「玉ネギソース」のWソースがセットになっています。


Wソースをそれぞれかけるとこんな感じ。


まずはタルタルソース側を食べてみると、一般的なタルタルソースよりも卵の風味が非常に豊かという印象。みじん切りにされてもなおシャキシャキという食感を残すタマネギの風味や米酢の酸味などが一体化して、プリップリかつジューシーなチキンかつに負けないインパクトが感じられます。


続いて玉ネギソース側を食べてみると、生タマネギの風味をさらに尖らせたようなタマネギ風味が圧倒的。風味自体は生タマネギに近いものを感じるのですが、生タマネギ特有の舌をピリピリシビれさせるような辛さはほぼゼロ。ソース自体は醤油風味ですが、とにかく暴力的なまでのタマネギ味の強さが圧巻。しかし、口の中で味が早めに引いていくのか、後味にはチキンカツのジューシーな肉のうまみがしっかりと感じられる点が非常に楽しい印象でした。


「Wソースのメガチキンかつ」は全国の松のや・松乃家132店で2022年4月13日(水)から購入可能。対象店舗は以下から確認可能です。

店舗一覧 | 店舗案内|松屋フーズ
https://bit.ly/3tTUnc0

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
辛さの中にダシのうまみが効いたかつやの「辛出汁チキンカツ」試食レビュー - GIGAZINE

ほのかに甘いスライスオニオンのさっぱり感が牛肉のうまみを倍増させるすき家の「クリーミーオニサラ牛丼」を食べてみた - GIGAZINE

焦がし醤油×おろしニンニクで豚肉&野菜がモリモリ楽しめるやよい軒「~ガツンとニンニク~やみつき豚キャベ定食」を食べてみた - GIGAZINE

魚介と野菜をたっぷりしっかり食べられる餃子の王将「春の彩 八宝菜」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.