試食

強炭酸のウィルキンソンに辛口なショウガの刺激とレモンのさわやかな香りを加えた「ウィルキンソン タンサン #sober スパイシーレモンジンジャ」試飲レビュー


無糖・カロリー0でありながら辛口のジンジャーフレーバーとレモンの香りがしっかり感じられる「ウィルキンソン タンサン #sober スパイシーレモンジンジャ」が2022年3月15日(火)から登場します。ウィルキンソンの特徴である強炭酸はそのままに、フレーバーで気分をリフレッシュできるドリンクとのことなので、一足先に飲んでみました。

「ウィルキンソン」から炭酸水市場の拡大に向けた新シリーズ発売 第1弾はレモンの香りと辛口ジンジャフレーバーで際立つ刺激『ウィルキンソン タンサン #sober スパイシーレモンジンジャ』3月15日より新発売|アサヒ飲料
https://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2022/pick_0207.html

「ウィルキンソン タンサン #sober スパイシーレモンジンジャ」のパッケージはこんな感じ。無糖・無果汁とのことで、イラストの下に書かれている「sober」は、あえてお酒を飲まない健康的なライフスタイル「ソバーキュリアス」志向であることを意味するそうです。


カロリーは0kcalで、糖類も食塩も0g。原材料名には炭酸・香料・スパイスと並んでいます。


蓋を開けるとわずかにジンジャーエールのような香りがします。


炭酸はウィルキンソンの特長である強炭酸。グラスに注ぐいだときの泡立ちもよいです。


飲んだ時の感想は分かれるところで、「ウィルキンソンのピュアな炭酸のおいしさ」を高く評価している人は「独特の香りがウィルキンソンのよさを邪魔している……!」とコメントしていました。一方で「レモンとジンジャーが両方適度に感じられるいいバランス」「ジンジャエールほどではないもののスパイス独特の刺激があり、確かにお酒のかわりになりそう」「香りの余韻が残るので、『炭酸水だとちょっと物足らない、でも清涼飲料水は避けたい』という自分にはすごく合っている」というコメントもありました。また「お酒を飲まない健康的なライフスタイル」をテーマとしている品ですが、「これはお酒に合いそう……」という声も。


全体として、清涼飲料水の代わりとして、気分をリフレッシュするドリンクによさげ。なお、「ウィルキンソン タンサン #sober スパイシーレモンジンジャ」は税込103円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
炭酸飲料を冷たいまま持ち歩ける「真空断熱炭酸ボトル」の性能を確かめてみた - GIGAZINE

ビールもOKな保冷ボトル「真空断熱炭酸ボトル」でビールの泡を保持できるのか確かめてみた - GIGAZINE

ケミカル感荒ぶるオレンジテイストな「レッドブル・エナジードリンク オレンジエディション」誕生、実際に飲んでみた - GIGAZINE

ゼロカロリーのダイエット飲料は特に「女性と肥満の人」の食べ物への欲求を増大させてしまうとの研究結果 - GIGAZINE

毎日炭酸飲料を飲むとどんな悪影響があるのか科学的に解説 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.