ソフトウェア

NVIDIAが無料版「Omniverse」の提供開始、そもそも「Omniverse」では一体何ができるのか?


半導体メーカーのNVIDIAはクリエイティブアプリとワークフローを強化・加速するためのデザインコラボレーションプラットフォームの「NVIDIA Omniverse」を構築しています。Omniverseは2021年にオープンベータ版がリリースされていたのですが、GeForce RTXシリーズなどのNVIDIA製GPUを使用しているユーザー向けに、無料で提供開始となったことがアナウンスされました。

NVIDIA Makes Free Version of Omniverse Available to Millions of Individual Creators and Artists Worldwide | NVIDIA Blog
https://blogs.nvidia.com/blog/2022/01/04/omniverse-available-free-to-creators/

NVIDIA Studio at CES: Omniverse, Canvas, GeForce RTX 3080 Ti Studio Laptops and More | NVIDIA Blog
https://blogs.nvidia.com/blog/2022/01/04/studio-laptops-omniverse-canvas/

NVIDIAが、オープンベータ版が公開されていたOmniverseを、NVIDIA RTXシリーズやGeForce RTXシリーズのGPUを使用しているユーザー向けに、無料で提供すると発表しました。

OmniverseはNVIDIAのリアルタイム3Dデザインコラボレーションプラットフォームであり、仮想世界シミュレーションプラットフォームでもあります。NVIDIAは具体的な使用例として、「息をのむようなレイトレーシングレンダリング」「物理的に正確なシミュレーション」「フォトリアリスティックなリアルタイムレンダリング」「マルチユーザーデザインコラボレーション」を挙げており、建築・エンジニアリング業、エンターテインメント業、製造業、スーパーコンピューティング、ゲーム開発などの分野で活用できるとしています。


Omniverseの作例は以下のムービーで確認可能です。

NVIDIA Omniverse for Creators | A New Way to Connect and Collaborate - YouTube


Omniverseを利用することで、アーティストやデザイナー、クリエイターは自身のPC上から3Dアセットやシーンを作成するために、主要なデザインアプリを使用可能となります。具体的にどのようなアプリを利用できるかは以下の通り。また、Autodesk 3ds MaxやPhotoshopといったサードパーティー製アプリをOmniverseと連携させることも可能です。

AUDIO2FACEAIの力を利用して音声ソースのみで豊かな顔の表情を生成することができるアプリ
CREATEPixar USDでシーンをリアルタイムの対話形式で組み立て、シミュレーションし、レンダリングするアプリ
MACHINIMARTXクリエイター向けのAIツールキット
KAOLINNVIDIAのKaolin PyTorchライブラリと併用することで3Dディープラーニング研究をシンプルかつ加速することができるビジュアライゼーションツール
ISAAC SIM忠実度が高いフォトリアルな3D環境でロボットをインポート・ビルド・テストできるアプリ
VIEWパワフルで物理的に正確かつフォトリアルなビジュアライゼーションツール


無料版とは別に、有料サブスクリプション版のOmniverse Enterpriseも用意されており、2021年11月に開催されたGTCですでに提供開始が発表されています。

NVIDIAはOmniverseについて、「20年以上にわたるNVIDIAの画期的な作業の集大成であり、グラフィック・AI・シミュレーション・スケーラブルなコンピューティングを単一のプラットフォームにもたらし、既存の3Dワークフローを強化するものです」と説明しています。

なお、Omniverseは以下からダウンロード可能です。

Omniverse Platform for 3D Design Collaboration and Simulation | NVIDIA
https://www.nvidia.com/en-us/omniverse/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AI技術の最先端を行くNVIDIAはAIの未来をどのように予測しているのか? - GIGAZINE

NVIDIAが基調講演に使った「キッチンでしゃべるCEOの映像」が自社製ツールで作ったCGであることが明らかに - GIGAZINE

まるで本物の人間のように表現力豊かに発話できるAIをNVIDIAが開発中 - GIGAZINE

NVIDIAの業績が市場予想を上回る躍進を遂げるも暗号資産チップの売上は低迷 - GIGAZINE

NVIDIAがGPUの供給不足解消のために「GeForce RTX 2060」や「GeForce GTX 1050 Ti」といった旧型GPUの再生産を計画中 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   動画, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.