試食

究極の1人用おせち「こせち」をくら寿司で食べてみた、その味と中身とは?


回転すしチェーンのくら寿司に、店内で気軽におせちを楽しめる新商品「こせち」が登場しました。「腰が曲がるまで長生きするように」という長寿の願いが込められた「焼き海老」などの具材が入れられているとのことで、実際に食べてみました。

ひとり用おせち「こせち」が新登場|くら寿司プレスリリース|くら寿司|回転寿司|
https://www.kurasushi.co.jp/author/003170.html

くら寿司で注文したこせちがこれ。料理は1つのトレーに詰められています。


中にはカボチャ、シイタケ、高野豆腐、紅白カマボコ、エビといった彩り豊かな具材が入れられています。


大きさはこんな感じで、全部まとめてもおかずの1つとして食べられそうなミニサイズ。


まずはエビから試食してみます。


カラをむいて……


食べてみたところ、ぷりっぷりの身からかむごとに磯の香りがあふれ出します。味付けは薄めなので、エビの本来の味をしっかり楽しむことができます。


シイタケは非常に柔らかく、中にまでダシが染みているので、口の中にじゅわっとダシの味が広がります。


カボチャもはよく煮込まれた甘めの味付け。口の中でホロホロと溶けていきます。


「寿」と書かれた高野豆腐も基本的にカボチャやシイタケと同じ味付け。


カマボコは紅白の2色。こせちはシンプルながら、おせち気分を存分に味わうことができます。


こせちの価格は税込500円。持ち帰り不可でイートイン時のみ注文可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
総カロリー2919kcalで後から後から麺がでてくる「ペヤング ペタマックスたぬきそば風」試食レビュー - GIGAZINE

カセットガス式たこ焼き機「炎たこII」を使って完全初心者でもカリトロたこ焼きを作れるのか確かめてみた - GIGAZINE

肉のうま味がドバドバほとばしる松屋のドーナツ型「黒毛和牛と黒豚のハンバーグ」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.