ソフトウェア

オープンソースソフトウェアの利用条項は法的に強制力があると裁判所で判決が下る


無料でソフトウェアのソースコードを公開し、改変や再配布を許可するオープンソースライセンスGNU General Public License(GPL)は著作権を放棄するものではなく、使用には条件が存在します。この条件を無視したとして起こされた裁判で、「条件に準拠すること」「準拠が1日遅れるごとに罰金が課される」という命令が下されました。

Groundbreaking acknowledgment of Free Software in Italy - Dynamic.ooo - Dynamic Content for Elementor - WordPress Plugin
https://www.dynamic.ooo/press/groundbreaking-acknowledgment-of-free-software-in-italy/

Italian Courts Find Open Source Software Terms Enforceable | If This Be Treason
http://ifthisbetreason.com/2021/12/italian-courts-find-open-source-software-terms-enforceable/

ソフトウェアにおけるオープンソースとは、ソフトウェアを構成するソースコードを無償で一般公開することを言います。オープンソースライセンスの下では、誰でも当該ソフトウェアのソースコードにアクセスしたり、改良や再配布したりが可能。これによってコミュニティ全体でソフトウェアを支えることになります。ソースコードがクローズドである場合は一部の人が開発をコントロールすることになりますが、オープンソースの場合は多くの人が携わることで、コミュニティ全体のレベルが上がり、持続的なソフトウェア開発が可能になると考えられています。


オープンソースが何なのかは、以下の記事を読むとよくわかります。

「オープンソースとは何なのか?」をレゴでわかりやすく説明したムービー - GIGAZINE


オープンソースソフトウェアのライセンスとしてはGPLが有名です。オープンソースソフトウェアは「全ての扱いが自由」なのではなく、一定の条件が存在します。GNU General Public Licenseの場合は、ソースコードへのアクセスや、複製物の再頒布、プログラムを改良し公衆にリリースすることなどが許可されますが、再頒布時のソースコード開示や入手方法の明確化、ライセンス文言の表記などが必要です。

オープンソースライセンスをめぐっては法的解釈に争いがあり、過去には多くの企業が裁判を起こしています。オープンソースのブログ構築プラットフォームWordPress用ウェブサイトビルダー・ElementorのプラグインであるDynamic.oooもGPLのもと裁判を起こした組織の1つです。

Dynamic.oooのプラグインはオープンソースであることを受け、Dynamic.oooから退職した2人の従業員はGPLライセンスのもと同プラグインを使った「E-addons for Elementor」を再配布しました。このとき、2人の元従業員はDynamic.oooからの了承を得ず、改変点や、著作権所有者について言及していませんでした。また、2人はDynamic.oooからの正式な終了通知を無視したとのこと。これはGPLでは違反行為にあたります。

e-addons for Elementor - WordPress Plugin
https://e-addons.com/


2021年12月13日、イタリア・ヴェネツィアの裁判所は、本件について「フリーソフトウェアは全ての人に権利を与えるが、配布者による条件への遵守が求められる」と判決を下しました。裁判官は元従業員2人に対して7日以内にDynamic.oooに含まれるコードを削除すること、さもなくばライセンスに準拠するまでソフトウェアの配布を停止させることを命令。また、通知が送られた後15日間は、条件への遵守が1日遅れるごとに100ユーロ(約1万3000円)の罰金、15日以降は1日遅れるごとに300ユーロ(約3万9000円)の罰金を課しました。加えて、ウェブサイトおよびFacebookページにおいて、本裁判についての言及を通常の2倍サイズの文字で記載することを裁判官は求めました。

Dynamic.oooは判決を受けて「これは、フリーソフトウェアライセンスで配布される知的財産への保護を強化するための重要な一歩であり、イタリアの法律における進展です」とコメントしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「オープンソースがインターネットの未来」と信じ19歳から18年かけて8600億円の企業を作り出したWordPress創業者マット・マレンウェッグ氏とはどんな人物なのか? - GIGAZINE

科学に貢献するオープンソースソフトウェア開発者たちの知られざる苦労 - GIGAZINE

オープンソースのソフトウェアで収益化&生計を立てることに成功した事例 - GIGAZINE

「オープンソースはお金にならない宿命」とMozillaのプログラマーが主張 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.