試食

不二家のミルキーをごくごく飲めるようにした「不二家 飲むミルキー」試飲レビュー


1951年から続くロングセラー「不二家 ミルキー」がドリンクになった「飲むミルキー」が2021年12月21日からセブン-イレブン限定で登場しています。ドリンクになったミルキーは濃厚なのか?優しい仕上がりなのか?と気になったので、実際に買って飲んでみました。

不二家 飲むミルキー 200ml|セブン‐イレブン~近くて便利~
https://www.sej.co.jp/products/a/item/210710

❤️????????❤️????????#セブンイレブン 限定✨飲むミルキー✨

ほっぺたも落ちる☺️あの優しい甘さだよ~????

「ミルキー」発売70周年に発売する特別なドリンクを是非‼️
❤️????????❤️????????

※東北、関東で販売中
※沖縄県除く、その他地域は順次発売 pic.twitter.com/xH4a52GBbO

— セブン‐イレブン・ジャパン (@711SEJ)


これが「飲むミルキー」


内容量は200mlで、カップのサイズは全長11cmです。


原材料名を確認したところ、しょ糖型液糖・生乳・加糖練乳・脱脂粉乳・乳等を主原料とする食品・クリームなど、「乳」の関連ワードがずらっと並んでいます。


カロリーは1本200ml当たり176kcal。


付属のストローを挿して飲んでみたところ、最初に「ミルキー」をほうふつとさせる香りが鼻を抜けていきます。「乳」に関連する原材料が多く使われていたので濃厚なのかと思いきや、全体としてはサラッとした仕上がりで、一気にごくごく飲むことも可能。重すぎない、優しい甘さなので、確かに「ミルキー」としてのアイデンティティを感じます。


グラスに注いでみたところ、中身は真っ白。牛乳のような見た目です。


本家ミルキーの味を確かめてみたところ、口に入れた瞬間の香りはそこまでありません。ミルキーをかむとじわじわと香りが濃くなったので、「飲むミルキー」一口目の香りは本家ミルキーを凝縮させたものなのだと感じました。


なお、飲むミルキーは税込168円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「リプトン れん乳ミルクティー」は甘党の夢「練乳ゴクゴク」を実現できるのか実際に飲んで確かめてみた - GIGAZINE

濃厚かつ素朴なコクでミルクアイスの原点回帰なロッテ「レディーボーデンミニカップ<プレミアムミルク>」試食レビュー - GIGAZINE

水だしコーヒーならぬ「ミルク出しコーヒー」が自宅で簡単に作れるHARIOの「ミルク出しコーヒーポット」レビュー - GIGAZINE

日本初の生クリーム専門店「MILK」で究極の「ミルキークリーム」を味わってきた - GIGAZINE

本家「ミルキー」に勝る圧倒的練乳味が「ミルキー観」を一新させるマクドナルド「マックシェイク ミルキーのままの味」「ワッフルコーン いちごミルキーのままの味」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.