メモ

「トランプ支持者が多い地域は新型コロナの死亡率が最大6倍になる」という報道


新たにアメリカの公共ラジオネットワークのNational Public Radio(NPR)が「2020年アメリカ合衆国大統領選挙でトランプ氏に投票した人の割合が高い郡は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の死亡率が高い」という分析結果を発表しました。

Pro-Trump counties now have far higher COVID death rates : Shots - Health News : NPR
https://www.npr.org/sections/health-shots/2021/12/05/1059828993/data-vaccine-misinformation-trump-counties-covid-death-rate

NPRが実施した調査は、新型コロナウイルスのワクチン接種が全国的に利用できるようになった2021年5月を起点として、アメリカ全土の約3000郡におけるワクチン接種率と10万人あたりの死亡者数を調べるというもので、その結果が以下。青色の十字がバイデン氏を支持する郡の平均、赤色の十字がトランプ氏を支持する郡の平均、黒色が全体平均となっており、VACCINATIONS(ワクチン接種率)においてはトランプ氏の支持率(横軸)が高くなればなるほどワクチン接種率(縦軸)が低下し、DEATHS(死者数)に関してはトランプ氏の支持率(横軸)が高くなればなるほど10万人あたりの死者数(縦軸)が増えるという構図が視覚的に示されています。


NPRによると、トランプ氏の支持率が60%以上という郡は、バイデン氏の支持率が60%以上という郡に比べてCOVID-19の死者数が2.78倍だったとのこと。また、2021年10月時点の結果を参照した場合、トランプ氏の支持率が最も高い郡は、バイデン氏の支持率が最も高い郡に比べてCOVID-19の死者数が6倍に達していたそうです。

今回の結果はあくまで郡ごとの大統領候補者支持率とワクチン接種率・死者数を比較したというある種大ざっぱなもので、NPRはCOVID-19で命を落とした人の投票先を集計したものではないと強調しています。しかし、その点を差し置いたとしても「共和党支持者は不釣り合いなほど高い確率で罹患している」とNRPは指摘しています。


NPRによると、超党派の医療政策シンクタンクのカイザーファミリー財団による最新の世論調査においても支持政党はワクチン忌避者を特定する強力な予測因子になり得ることがわかっているとのことで、上記世論調査の副担当を務めたリズ・ハメル氏は「ワクチン接種を受けていない人は共和党寄りになる可能性が民主党寄りになる可能性の3倍もあります」「仮に『ワクチン接種を受けたか否かをたった一つの質問だけで見抜け』と言われたならば、私はその人の支持政党を尋ねます」とコメントしました。

アメリカにおいてはアフリカ系アメリカ人や、若い世代、および地方在住者などがワクチンを忌避しているとされていましたが、カイザーファミリー財団の調査結果によると、時間の経過とともにこうしたグループの人々のワクチン接種率は向上を見せています。しかし、これらグループがワクチン接種を行うようになったという状況に反して共和党支持者は一貫してワクチンを忌避し続けているとのこと。

以下のグラフは全ワクチン未接種者における各政党支持者の割合を示したグラフ。前述のようにアフリカ系アメリカ人などの接種率が上がっているため、接種率が横ばいというRepublican(共和党支持者)の割合は、時を経るごとに相対的に上がり続けています。それとは対照的に、Democrats(民主党支持者)とIndependents(無党派層)は順調にワクチン接種が進んでいるため、割合的にも減少しています。


NPRによると、このワクチン接種率格差は共和党支持者の多くがフェイクニュースを信じていることが原因とのこと。カイザーファミリー財団の世論調査によると、COVID-19とワクチンにまつわるフェイクニュースについて、共和党支持者の94%が最低でも1つのフェイクニュースを、46%が4つ以上のフェイクニュースを信じているという一方で、民主党支持者の場合は4つ以上のフェイクニュースを信じているという割合は14%にとどまったという結果が得られました。なお、こうしたフェイクニュースの中でも、最も広く信じられているものは「政府はCOVID-19による死者数を誇張している」というものだそうです。


NPRはラジオパーソナリティとして知られるマーク・ヴァレンタイン氏がワクチン未接種だった兄をCOVID-19で失ったことからワクチンに関する主張を変えたというエピソードを取り上げ、ヴァレンタイン氏の「接種会場で『質問や懸念はありますか?』と問われましたが、『質問も懸念もありますが、とにかくワクチンを接種したいんです』と答えました」という回想で記事を締めくくり、改めてワクチン接種を行うように促しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「人がワクチン接種を拒否するのは一体なぜ?」を心理学者が解説 - GIGAZINE

「職場でワクチン接種が義務化されたら退職する」と言っている人は本当に仕事を辞めるのか? - GIGAZINE

お金や宝くじの無料配布にはワクチン接種率を高める効果はほぼない、ワクチン接種を促すアプローチは存在するのか? - GIGAZINE

偽の「新型コロナワクチン接種証明書」の売買が急増、数千枚の偽造カードが押収へ - GIGAZINE

ワクチン接種を完了した人は新型コロナへの感染リスクが半減するとの研究結果、他者への感染リスクを低める可能性も - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.