ハードウェア

QualcommがPC向け新SoC「Snapdragon 8cx Gen 3」と次世代ゲーム機向けSoC「Snapdragon G3x Gen 1」を発表


現地時間2021年12月1日、QualcommがPC向け最新チップセット「Snapdragon 8cx Gen 3」と「Snapdragon G3x Gen 1」を発表しました。新たなモバイルPC向けフラッグシップSoCのSnapdragon 8cx Gen 3は前世代に比べCPU性能は最大85%向上し、GPU性能は最大60%向上。一方、次世代ゲーム機向けSoCのSnapdragon G3x Gen 1は最大144fpsと最大10億階調という10bit HDR表示に対応しているというだけでなく、ゲーミングデバイスメーカーのRazerと共同開発した開発者向けデバイスも同時登場しています。

Snapdragon 8cx Gen 3 Compute Platform | Qualcomm
https://www.qualcomm.com/products/snapdragon-8cx-gen-3-compute-platform

Snapdragon G3x Gen 1 Gaming Platform | Qualcomm
https://www.qualcomm.com/products/snapdragon-g3x-gen-1-gaming-platform

Qualcomm’s Snapdragon 8cx Gen 3 is its latest attempt to hit a Windows on Arm home run - The Verge
https://www.theverge.com/2021/12/1/22811736/qualcomm-snapdragon-8cx-gen-3-announcement-laptop-arm-chip-processor

Qualcomm’s new G3x platform could usher in a new wave of Nintendo Switch-alikes - The Verge
https://www.theverge.com/2021/12/1/22789752/qualcomm-g3x-chip-platform-android-razer-developer-kit

◆Snapdragon 8cx Gen 3
Snapdragon 8cx Gen 3は、2020年9月に登場したSnapdragon 8cx Gen 2の後継となるモバイルPC向けフラッグシップSoCで、Windows PC向けのSoCとしては初の5nmプロセスで製造される製品です。Snapdragon 8cx Gen 2はSub6とミリ波両方に対応しているだけでなく、Wi-Fi 6にも対応しており、さらには前世代に比べてバッテリー寿命が50%以上向上したという点が推されていましたが、新たに登場したSnapdragon 8cx Gen 3はSnapdragon 8cx Gen 2と同等のバッテリー消費性能を維持しながら、新型KryoによってCPU性能は最大85%向上、新型AdrenoによってGPU性能は最大60%向上しました。また、Qualcommいわく「競合他社のx86プラットフォームよりもワットあたりのパフォーマンスが60%優れており、静音性も非常に高い」とのこと。

Introducing the Snapdragon 8cx Gen 3 Compute Platform - YouTube


モデム機能も標準で搭載しており、常時接続(Always Connected)のサポートに加えて、4G LTEや5G、Wi-Fi 6/6EやSub6とミリ波に対応。モデムチップについては、下り最大10Gbpsの「Snapdragon X65 5G Modem-RF」ないしは下り最大7.5Gbpsの「Snapdragon X55 5G Modem-RF System」、下り最大4.4Gbpsの「Snapdragon X62 5G Modem-RF」の中から1種類を選択可能となっています。


また、SoCに統合された画像処理プロセッサによって、オートフォーカス・オートホワイトバランス・オート露出などを実装しており、撮影環境に合わせてカメラ設定を自動化することによって、高品質なビデオ会議が可能とのこと。最大4つのカメラや4K HDRカメラにも対応しており、29TOPSというAI推論性能によって、ムービー撮影中における犬の鳴き声のような背景音を除去する機能も実現しているとのことです。


◆Snapdragon G3x Gen 1
Qualcommは次世代ゲーム機向けと銘打ったSoCの「Snapdragon G3x Gen 1」も発表しました。Snapdragon G3x Gen 1はOSをAndroidベースとしており、Androidネイティブのゲームアプリやクラウドゲーミングが可能です。


既存のスマートフォン向けSoCと同等のAdreno GPUを採用しており、144fpsに加えて最大10億階調の10bit HDRをサポート。最大4K画質までの外部出力に対応しており、Snapdragon G3x Gen 1搭載デバイスから大画面TVに映像を出力できるほか、XR(クロス・リアリティ)デバイスへの対応も視野に入れているとのこと

また、ゲーム機向けSoCはQualcomm初とのことで、どのような機能が実現できるのかを開発者向けに周知するためにRazerと共同開発したリファレンスデバイス「Snapdragon G3x Handheld Gaming Developer Kit」も公開されました。Snapdragon G3x Handheld Gaming Developer Kitは、以下のムービーの21秒頃に登場します。

Qualcomm announces Snapdragon G3x Gen 1 Gaming Platform - YouTube


Snapdragon G3x Handheld Gaming Developer Kitは最大120Hzの6.65インチOLEDディスプレイを搭載しており、通信面はSub6とミリ波、Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2をサポート。バッテリー容量は6000mAhで、1080pのカメラを内蔵しています。このデバイスはあくまで「開発者向け」とのことで、開発者向けキットが同梱されたモデルが販売されるとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Qualcommがスマホ向け次世代フラッグシップSoC「Snapdragon 8 Gen 1」を発表 - GIGAZINE

QualcommがSub6&ミリ波両方の5G通信に対応したモバイルPC向けチップ「Snapdragon 8cx Gen 2 5G」を発表 - GIGAZINE

Qualcommが「AppleのMシリーズに匹敵するArmベースの次世代SoC」を2023年までに開発すると宣言 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.