メモ

2850億円の史上最大規模の暗号資産ファンドが登場


暗号資産に特化した投資会社のParadigmが2021年11月15日、25億ドル(約2850億円)の暗号資産ファンドを造成したと発表しました。この規模のファンドは、暗号資産関連のものとしては史上最大とされています。

Paradigm’s New Venture Fund - Paradigm
https://www.paradigm.xyz/2021/11/paradigms-new-venture-fund/

Paradigm Co-Founder on Record $2.5B Fund and Next Era of Crypto - Decrypt
https://decrypt.co/86126/paradigm-2-5-billion-crypto-fund-matt-huang

Paradigm Launches $2.5 Billion Crypto Fund - Blockworks
https://blockworks.co/paradigm-launches-2-5-billion-crypto-fund/

暗号資産関連の投資会社であるParadigmは、暗号資産取引所・Coinbaseの設立者の1人であるフレッド・エールサム氏が、投資家のマット・フアン氏とともに2018年に設立したベンチャーキャピタルです。同社はこれまで、Uniswap・FTX・Fireblocks・BlockFi・Matrixportなどの暗号資産プロジェクトを含む40件以上の投資案件に携わっており、直近のレポートによると、2021年の上半期のリターン率は200%だったとのこと。


フアン氏とエールサム氏は11月15日に、Paradigmの公式ブログを更新して「私たちは、次世代の暗号企業やプロトコルへの投資を継続するため、25億ドルの新しいベンチャーファンドを立ち上げます。このファンドは、既存の主力ファンドとともに地域やステージを問わない幅広い事業に投資を行うものです」と発表しました。暗号資産関連のニュースメディア・Decryptによると、この25億ドルという額は暗号資産会社としては史上最大の規模とのこと。

エールサム氏らは、「この新ファンドの登場とその規模は、暗号資産がテクノロジー業界の中で最もエキサイティングなフロンティアだということを反映しています。過去10年で暗号資産は大きく発展しましたが、暗号資産を所有している人は世界人口の10%にも達していません。また、分散型金融(DeFi)システムは累計資産が1000億ドル(約11兆円)を超えるまで成長しましたが、金融システム全体から見るとまだ小さな存在です。Web3もまた、数千万人のユーザーを擁していますが、数十億人が使っている既存のインターネットに比べればまだまだです」と述べて、暗号資産業界の成長力やそこに投資する意義を強調しました。


Accel、Kleiner Perkins、そしてParadigmを立ち上げる前にフアン氏が所属していたSequoiaといったベンチャーキャピタルは、さまざまな業界の常識を破壊することで知られていますが、ベンチャーキャピタルの仕組みそのものを再構築するような動きはこれまでありませんでした。しかし、トークンの発行や分散型自律組織(DAO)といった資金調達手段が発達しつつある中、ベンチャーキャピタルをとりまく環境も変化しつつあります。

多くの暗号資産プロジェクトが、投資会社を介さない資金調達手段にアクセスできるようになったことを受けて、6月に2400億円規模の暗号資産ファンドを設立したアンドリーセン・ホロウィッツなどの著名なベンチャーキャピタルが暗号資産に特化したファンドとして再出発するようになりました。さらに、多くの暗号資産ネイティブな投資会社がこぞって暗号資産プロジェクトへの進出を始めており、Paradigmもその1つとされています。

Decryptは、今回の暗号資産ファンド設立について「Paradigmが25億ドルの資金調達に成功したことと、多くの投資家から注目を集めていることは、Paradigmのこれまでの成功の証明であるとともに、同社の今後に対する期待の表れでもあります。その成果が明らかになるのは数年先になりますが、その時には暗号資産の世界の明暗もはっきりしていることでしょう」と述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
2400億円規模の暗号資産分野に特化した新ファンドをアンドリーセン・ホロウィッツが設立 - GIGAZINE

30億円相当の暗号資産をハッカーがDeFiプラットフォームから盗み出す、同様事例の被害額は520億円超に - GIGAZINE

ビットコインが史上最高値を6万7000ドル(約770万円)超に更新 - GIGAZINE

ソフトバンクが220億円超をラテンアメリカ最大の暗号資産取引所・Mercado Bitcoinに出資 - GIGAZINE

決済サービス大手のStripeが暗号資産による決済のサポートを再開か - GIGAZINE

ビットコイン先物ETFが1日で1100億円近く取引される記録破りの注目度、そもそもETFとは一体何? - GIGAZINE

アメリカ人の16%が「暗号資産を利用したことがある」と判明 - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.