マクドナルドが肉不使用の人工肉パティを使った「McPlant」をついにアメリカでテスト販売へ


マクドナルドが植物ベースのハンバーガー「McPlant」の販売テストをアメリカの複数地域で開始することを発表しました。アメリカでのテスト販売はスウェーデン・デンマーク・オランダ・オーストラリアなどでのテストに続くものであり、実売に向けた一歩であるとみられています。

McDonald’s® Begins Small McPlant™ Operations Test at Eight U.S. Restaurants
https://corporate.mcdonalds.com/corpmcd/en-us/our-stories/article/ourstories.mcplant-usrestaurant.html

McPlant: McDonald's to test meat-free burger next year
https://www.cnbc.com/2020/11/09/mcdonalds-to-test-mcplant-which-includes-its-own-meat-free-burger-next-year-beyond-meat-shares-fall.html

マクドナルドは2020年初めにカナダのオンタリオ州で「P.L.Tバーガー」という植物ベースのハンバーガーのテスト販売しました。当初、マクドナルドは「P.L.Tバーガーを復活させる予定はない」と発表していましたが、その後、カナダ以外で植物ベースのハンバーガーをテスト販売したところ結果がよかったことから、「McPlant」としてアメリカでもテスト販売が行われることになった模様。McPlantでは植物ベースのパティが利用されますが、パティの製造メーカーは「Beyond Meat(ビヨンド・ミート)」になるものと見られています。Beyond Meatのハンバーガーはカナダのテスト販売でも特に人気だったとのこと。


Beyond Meatの人工肉がどんなものなのかという詳細は以下の記事から読むことが可能。特にムービーを見ると本物お肉と見まがう完成度であることが一目でわかります。

肉の風味・味・食感を分子レベルで再現した人工肉「Beyond Burger」と「Impossible Burger」を実際に焼いて食べたらすごかった - GIGAZINE


マクドナルドはMcPlantについて、「McPlantはBeyond Meatと共に開発した、原材料に豆、米、じゃがいもを含む植物ベースのマクドナルド専用パティを使います。この専用パティはごまが載ったバンズやトマト、レタス、ピクルス、玉ねぎ、マヨネーズ、ケチャップ、マスタード、アメリカンチーズと共に提供され、マクドナルドの看板であるハンバーガーのような味になる予定です」と述べました。また、アメリカの報道大手のCNBCは、McPlantと同一ラインで、ビーフ風の代替パティを使ったハンバーガーだけでなく、チキン風の代替パティを使った製品も登場する可能性があると報じています。

なお、販売テストは2021年11月3日から、アメリカの8都市で行われる予定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
動物肉を使ってないのに肉汁滴り肉のうまみが感じられる人工肉「Beyond Meat(ビヨンド・ミート)」バーガーを食べてみた - GIGAZINE

ケンタッキーが肉を使わないフライドチキン「Beyond Fried Chicken(フライドチキン越え)」を一部店舗で販売 - GIGAZINE

人工肉メーカー「Beyond Meat」がマクドナルド・KFC・ピザハットにグローバル供給する契約を締結 - GIGAZINE

肉の代わりに食べられる菌類「マイコプロテイン」試食レビュー、一体どんな味なのか? - GIGAZINE

植物性の人工肉は「ドッグフード並に」超加工されているとの主張 - GIGAZINE

in , Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.