動画

時速30kmで人を乗せて爆走するマインクラフトのブタを自作する方法


累計販売本数が世界で最も多いゲーム「マインクラフト」にはさまざまな動物が登場します。電子工作を発表している大学生YouTuberのElecto氏が、そんなマインクラフトに登場する動物の中でプレイヤーにとって特に馴染みの深い「ブタ」を一から自作し、現実で乗り回すムービーを公開しています。

I Made The Fastest Rideable Minecraft Pig - YouTube


マインクラフトのブタを現実世界で走らせるために必要なのは、まずバッテリーです。しかし大型のバッテリーは非常に高価なので……


リチウムイオン乾電池を3Dプリンターで出力したフレームに装着し、電極を溶接してバッテリーから自作します。


ボディはベニヤ板をカットして組み立てたもの。


そして、後ろ足にはスケートボードの車輪を取り付け……


モーターとゴムベルトで回転させます。つまり、駆動方式は2WDRRというわけ。


組み上げて塗装する前の段階はこんな感じ。


ゲーム中では、ブタはニンジンを持っていると追いかけてきます。これを再現するため、ブタの操縦はニンジンを使うことに。


ブタの鼻先にはカメラが埋め込まれており……


このカメラでニンジンを画像認識し、撮影範囲内の位置に応じて方向を変えます。例えば、ニンジンが右に動いたらブタも右に方向転換、ニンジンが左に動いたら左に方向転換、中央にぶらさげれば加速します。


しかし、Electo氏はここで重大な設計ミスに気づきます。前足にも後足と同じようにスケートボードの車輪を装着していたのですが、スケートボードの車輪は左右に動かないので、方向転換ができません。


そこで、前足の車輪をスーパーマーケットのカートに使われているような360度回転するゴム車輪に変更します。


さらに走っている途中に方向をちゃんと制御できるように、ゴム車輪の回転軸に電動ドリルのモーターを取り付け、Arduinoで制御できるようにしました。


全身をピンク色に塗ったら完成。またがる背中をよく見ると、鞍(くら)も描かれています。


さっそくブタにまたがりニンジンをぶらさげて、Electo氏が向かったのはマクドナルドのドライブスルー。


しかしあまりにもブタが小さいのでドライブスルーが反応しなかった模様。


「ブタにまたがってドライブスルーで注文したい」という夢をかなえるため、ピックアップトラックの荷台に載った状態でようやくドライブスルーの注文に成功。


かなりの反則技ではありますが、ひとまず「ブタに乗ったままマクドナルドのドライブスルーに注文する」というミッションはクリア。


次に行ったのがスピードテスト。まずはモーターの出力を30%に抑えた状態で駐車場を走り、最高時速を測定。


さすがに30%の出力だと最高で時速3マイル(約4.8km)で、せいぜい早歩きしたくらいの速度しか出ませんでした。


次にモーターの出力を60%にして測定すると、最高速度は時速16マイル(約26km)に到達。自転車を少し頑張ってこいだくらいのスピードです。


そしてモーターの出力を100%にすると……


想像以上の初速で前足が浮き、ウィリーしてしまいました。


気を取り直してもう一度スタート。これまでとは段違いの加速を見せますが、すぐに後ろ足から「ブブブブブ!」という異音が聞こえました。


開いてみると、後輪を駆動するゴムベルトがモーターのトルクに耐えられずにギアから浮いてしまい……


ゴムベルトの目は完全に削れてしまっていました。ここから、出力は60%程度に抑えるのがちょうどいいということがわかりました。


また、一定のスピードが出ると、ニンジンを画像認識して方向を変える方法では操縦に難があることも判明。そこで、ワイヤレスのジョイスティックを取り付けて操縦することに。


ということで試験走行をもう一度行います。


すると最高速度は時速20マイル(約32km)を記録。


これならば人間の全力疾走にも負けないだろうということで、マインクラフトが好きという友人と競争をすることに。


スタート直後は人間の方が圧倒的な加速力を見せますが……


ブタのスピードも加速し、みるみるうちに距離を縮めます。


時速19マイル(約30km)に達する頃には、ブタは人間にほぼ追いついています。


その後も幾度にわたって競争したところ、ブタは全力疾走する人間とはほぼ互角であることが判明。


しかし、何度も競争を繰り返した結果、暴走して縁石にぶつかり、ブタの後ろ足がもげてしまいました。Electo氏は「きっとブタはよみがえることでしょう。……私はもう二度と作り直したくないので、きっと皆さんの心の中で」とコメントしました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
10年以上交換不要な原子力電池を自作して携帯ゲーム機に組み込んだ猛者が登場 - GIGAZINE

4Kディスプレイ搭載&重さ30kgの超大型Nintendo Switchを自作した猛者が登場 - GIGAZINE

トランジスタ1738個使用のフルディスクリートCPUでロボットが自律走行するムービーが大人気 - GIGAZINE

PS4をバッテリー&ディスプレイ一体型の携帯ゲーム機に魔改造してしまった猛者が登場 - GIGAZINE

原子を使って時間を刻む「原子腕時計」を自作した方法とは? - GIGAZINE

in 乗り物,   動画,   ゲーム, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.