メモ

ブラジルでもビットコインが法定通貨になるかもしれない


エルサルバドルでのビットコインの法定通貨化に続いて、ブラジルでもビットコインが法定通貨になる可能性が浮上しています。

Portal da Câmara dos Deputados
https://www.camara.leg.br/radio/programas/811972-dep-aureo-ribeiro-regulamentacao-das-criptomoedas-vai-atrair-novos-investimentos-ao-brasil/


"Bitcoin será moeda corrente no Brasil em breve", diz Dep. federal Aureo Ribeiro - Livecoins
https://livecoins.com.br/bitcoin-sera-moeda-corrente-no-brasil-em-breve/

Bitcoin set to become legal payment in Brazil
https://finance.yahoo.com/news/bitcoin-set-become-legal-payment-154644863.html

これは、中道左派・連帯党党首でリオデジャネイロ州選出のアウレオ・リベイロ議員がインタビューの中で言及したものです。インタビューは議会公式サイト・「Câmara dos Deputados」で音声が公開されています。

ブラジルでは多くの人がビットコインをはじめとした暗号資産に触れていますが、暗号資産を規制する法律はなく、法的には通貨として認められていません。リベイロ議員が推し進めている「ビットコイン法案」は、暗号資産を用いたマネーロンダリングの重罪化などにより、暗号資産を法定通貨として使えるようにするステップの1つと言えます。


すでに、暗号資産の扱いについては中央銀行、ブラジル証券取引委員会とは話がついており、法案が下院を通過すれば、ビットコインで家や車、マクドナルドのハンバーガーすら買えるようになる可能性があると、リベイロ氏は展望を語りました。

なお、世界で初めてビットコインを法定通貨にする法律を定めたエルサルバドルは、海外に働きに出ている人からの国際送金がGDPの20%を占めており、取扱手数料がかからない暗号資産が使えるようになると年間440億円もの手数料が節約できるというメリットがありました。しかし、国民からは現金を使い続けたいという声もあり、法律の施行当日にはデモも発生しました。

一方、ブラジルでは国民の48%がビットコインの法定通貨化に同意しているとの調査結果があるとのこと。

Para 48% da população, Brasil deveria adotar o bitcoin como moeda oficial, diz pesquisa | Criptomoedas | Valor Investe
https://valorinveste.globo.com/mercados/cripto/noticia/2021/09/10/para-48-pontos-percentuais-da-populao-brasil-deveria-adotar-o-bitcoin-como-moeda-oficial-diz-pesquisa.ghtml

しかし、ブラジル在住の弁護士で暗号資産の投資家でもあるというヴァレリア・ガルシア氏は「(法定通貨化は)いいことだとは思いません。政府は暗号資産に課税したいと考えていて、銀行をリーダーとしてルールを定めたいと考えているのです」と懸念を示しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界で初めてビットコインを法定通貨とする法律がエルサルバドルで施行 - GIGAZINE

ビットコイン価格の下落を受けてエルサルバドル大統領がビットコインの大量購入を発表 - GIGAZINE

漁村をまるごとビットコイン経済の村にした壮大な社会実験「ビットコインビーチ」とは? - GIGAZINE

これからの日本のためにも知っておきたい中米における格差社会の現実 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.