サイエンス

武漢の新型コロナ患者の約半数は1年たっても症状が続いていることが判明


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は症状が長期にわたって持続する「Long COVID(ロングCOVID)」の発生が報告されており、アメリカでは何百万人もの人々が永続的に後遺症を抱えることで、社会全体の経済的負担が増加すると危惧されています。ロングCOVIDについてはまだ多くの点が解明されていませんが、新たな調査では、武漢の感染者の約半数が感染から1年経過しても症状を呈していることが示されました。

Symptoms and Health Outcomes Among Survivors of COVID-19 Infection 1 Year After Discharge From Hospitals in Wuhan, China | Chronic Obstructive Pulmonary Disease | JAMA Network Open | JAMA Network
https://jamanetwork.com/journals/jamanetworkopen/fullarticle/2784558

A year later, 45% of COVID patients in Wuhan still have symptoms | Ars Technica
https://arstechnica.com/science/2021/09/a-year-later-45-of-covid-patients-in-wuhan-still-have-symptoms/


2020年1月末に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で中国・武漢市が閉鎖されました。2020年12月の時点で武漢市は市内における累計感染件数を5万354件と報告していますが、実際にはその10倍である50万人の感染者がいたとも推測されています

当時、COVID-19の感染者の多くは軽症で済みましたが、中には入院して治療を受けるケースもありました。新たな研究では、武漢市にある2つの病院にCOVID-19で入院し、その後2月12日から4月10日までに退院した2433人を対象としたフォローアップ調査を実施。COVID-19は長期にわたる後遺症・ロングCOVIDの発生が多数報告されていますが、1年経過した時点で患者がどれほど回復しているかが調べられました。なお、追跡調査の対象となった患者のうち49.5%が男性で50.5%が女性となっており、年齢の中央値は60歳、全体の27.9%はWHOの定義における重症患者でした。


調査の結果、感染から1年経過した時点で、依然として患者の45%が最低1つの症状を報告していたとのこと。一般的な症状は疲労・発汗・胸部圧迫感・不安・筋肉痛など。重症患者680人に限れば症状を呈している人の割合は54%にまで増加しますが、重症とならなかった1752人のうちロングCOVIDを報告している人の割合は41.5%であり、大きな差はありませんでした。

2021年1月の時点では、武漢の患者について、感染から6カ月経過した時点での報告が発表されており、このときは「COVID-19で入院した患者の76%が6カ月後も何らかの症状に苦しんでいる」と示されました。1年経過時点でその割合がやや減少していると言えます。

新型コロナ入院者の76%が「感染から6カ月後も症状が残っている」と報告している - GIGAZINE


ロングCOVIDの症状が重症患者に限らないことは、武漢以外の調査結果でも示されています。2021年9月28日に発表された、27万3618人を対象としたイギリスの大規模な調査結果でも、入院しなかった患者の半数以上が感染6カ月後にロングCOVIDの症状を呈していると示されました

武漢の患者を追跡した今回の研究では、重症になることは「ロングCOVIDの可能性を高めること」や、「3つ以上の症状を呈することのリスク要因になること」が示されています。また、患者が高齢であることや、女性であることも、持続的な症状のリスク要因になるとのことです。

この研究には対象群が存在せず、また退院した全ての人が参加したわけではないため、データが「フォローアップ研究に参加する意志がある人」に偏っている可能性があるとのこと。また、さまざまな変異株が生じる前の感染者に限定しているという点についても留意する必要があります。

一方で、今回の研究結果は過去に発表されたロングCOVIDの研究結果と一致するものであり、研究者は結論として「COVID-19の健康への影響は、急性感染症の範囲をはるかに超えている」と述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
COVID-19の症状が数週間以上も続く「Long covid」とは? - GIGAZINE

軽症の新型コロナ患者の10%が回復後も長きにわたり「仕事や生活に支障を来す後遺症」に悩まされていることが判明、メンタル面での長期的影響も - GIGAZINE

新型コロナから回復した人の一部が経験する「認知症のような症状」の実態とは? - GIGAZINE

新型コロナによって何百万人もの生存者が後遺症を抱えるという未来が訪れる可能性 - GIGAZINE

新型コロナウイルス感染症に長期間苦んだ患者の85%が経験している症状とは? - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.