メモ

冬季の暖房費が天然ガス不足で跳ね上がる可能性がある


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により世界的に経済が落ち込みましたが、ワクチンが広まることによって、経済は徐々に回復しつつあります。そんな中、世界規模で天然ガスの価格が高騰し、冬季の暖房費が高額になることが懸念されています。

Another headwind?: global gas price spike worries energy execs | Reuters
https://www.reuters.com/business/energy/another-headwind-global-gas-price-spike-worries-energy-execs-2021-09-21/

Soaring gas prices ripple through heavy industry, supply chains | Reuters
https://www.reuters.com/business/energy/soaring-gas-prices-ripple-through-heavy-industry-supply-chains-2021-09-22/

Natural gas prices rising, which helps the cleanest (and dirtiest) electricity sources - Chicago Sun-Times
https://chicago.suntimes.com/business/2021/9/30/22701248/natural-gas-prices-rising-electricity-sources

Higher natural gas prices to drive Exxon third-quarter earnings | Reuters
https://www.reuters.com/business/exxon-expects-higher-gas-oil-prices-boost-quarterly-earnings-by-up-15-bln-2021-09-30/

France to block further natural gas and electricity price rises | Reuters
https://www.reuters.com/business/energy/france-block-further-natural-gas-electricity-price-rises-2021-09-30/

ロイターが伝えるところによると、天然ガスの価格はアメリカで2倍、ヨーロッパでは3.8倍にも跳ね上がっているとのこと。天然ガスの価格が急騰している理由は、COVID-19のパンデミックから回復しつつあるアジアでの需要が増加していることと、天然ガス供給国であるロシアからの輸出が例年よりも少ないことにあるとみられています。

特にヨーロッパは大きな影響を受けており、化学肥料を製造するイギリスの工場2つが天然ガス不足により操業停止しました。また化学肥料工場がストップすることで、それまで生産されていた二酸化炭素が欠乏し、二酸化炭素をパッケージングや家畜の食肉処理に利用していた食品産業にまで影響が及ぶ事態となっています。


すでにイギリスの食肉加工業者の中には二酸化炭素不足により操業を停止したところも。事態を受けてイギリス政府はアメリカの化学肥料製造会社であるCFインダストリーズ・ホールディングスと契約を結びましたが、二酸化炭素価格が急激に上がることが想定されています。加えて、天然ガス価格の高騰で一部の鉄鋼メーカーも操業を停止しているところがあるとのことです。

また冬にかけて暖房器具の使用が増えるため、電気代の高騰も予想されています。すでにインドでは1MMBtuあたり1.79ドル(約199円)だった天然ガスが2.9ドル(約322円)と、およそ62%の値上げとなっています。またアメリカでも1MMBtuあたり2.58ドル(約289円)ほどだった価格が5.82ドル(約647円)にまで上昇。価格上昇は一時的なものであり、2022年の春には解消されるとみられていますが、天然ガスに依存している地域では冬季の電気代が跳ね上がると懸念されています。このため、フランスでは政府が一部の世帯に一時金として100ユーロ(約1万2800円)を提供するほか、裕福ではない人々の負担を軽減するためのさらなる措置を検討していくとしています。


なお、天然ガス価格の高騰により、2021年第3四半期のエクソンモービルの収益は前期比で最大15億ドル(約1660億円)押し上げられる見通しです。また天然ガスの価格が高騰し続けると、エネルギー需要により、風力発電や太陽光発電といったクリーンエネルギーも価格が高騰するとみられています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
天然ガスの世界的な不足が訪れているとの指摘 - GIGAZINE

「石油や天然ガスも地球温暖化対策になり得る」とする広告を石油関連企業がFacebookに出しまくっているという報告 - GIGAZINE

クリーンなエネルギーとして注目される「ブルー水素」が環境を悪化させる恐れ - GIGAZINE

なぜ地熱発電の普及は遅々として進まないのか? - GIGAZINE

なぜ再生可能エネルギーの発電コストは急速に安くなったのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.