メモ

アメリカドルと1:1で対応する暗号資産「USD Coin」の準備金を現金と国債のみにすると運営組織が発表


暗号資産企業であるCircleと大手取引所のCoinbaseが2018年に発行したステーブルコインが「USD Coin」です。USD Coinの運営組織であるCentreが、USD Coinの準備金を現金とアメリカ国債のみで保有することを発表しました。

USDC Reserves Composition
https://www.centre.io/blog/usdc-reserves-composition


Crypto: USD Coin (USDC) stablecoin to change reserves composition
https://www.cnbc.com/2021/08/23/crypto-usdc-stablecoin-to-change-reserves-composition.html


Circle's New Reserve Details Show Reservations | PYMNTS.com
https://www.pymnts.com/cryptocurrency/2021/circle-squares-transparency-on-dollar-reserves/


ステーブルコインとは、価格が比較的安定した暗号資産のこと。USD Coinはアメリカドルという法定通貨を担保にすることで、交換比率を1USDC=1ドル(約110円)に固定しているのが特徴です。


ステーブルコインはビットコインやイーサリアムのように価値が大きく変動しないため、安定した取引や運用を行うことが可能。また、暗号資産市場が大きく荒れて大暴落しそうな時に、資産を一時的に避難させることもできるため、損失を最小限に抑えることも期待できます。

しかし、ステーブルコインの価値安定性は担保次第で信頼性が変化するため、担保となる準備金の内訳は非常に重要。例えば、アメリカドルのステーブルコインで最大の流通量を誇るテザーは、担保準備金のうち現金で保有しているのは流通量のわずか2.9%であり、大部分は無担保の約束手形であるコマーシャルペーパーです。

テザーが流通額と同額のアメリカドルを担保としていないということは、理論上テザーの流通数はドルと対応させなくてもよいということになり、テザーの価格安定性が崩壊する可能性は投資家が大きく懸念するところとなっています。


一方で、USD Coinは発行時にアメリカの投資銀行であるゴールドマン・サックスが支援しており、潤沢なアメリカドルを保有していると期待されていました。また、Circleはアメリカ財務省の金融犯罪監視ネットワーク(FinCEN)に登録されているほか、Coinbaseと共に規制当局から暗号資産事業のライセンスを得ているため、USD Coinはステーブルコインとして信頼性がかなり高いといわれていました。

しかし、2021年7月に、USD Coinの監査を務めるグラントソントン・インターナショナル(PDFファイル)報告書で、USD Coinの準備金のうち現金は61%で、それ以外は債権で構成されていることを明らかにしました。


これを受けて、Centreは公式ブログの中で「Circleの準備金は2021年5月に現金および現金同等物であることが示され、同年7月にはより詳細な内訳が提示されました。コミュニティの感情、信頼性と透明性へのコミットメント、進化する規制の状況を考慮し、CircleはCentreとCoinbaseの支援を受けて、USD Coinの準備金をすべて現金と短期の米国債で保有することを発表しました」と述べています。

なお、連邦準備制度は「ステーブルコインは金融市場の安定性にとって潜在的な脅威であり、規制されるべき」と述べており、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は「アメリカの中央銀行によるデジタル通貨さえ用意できれば、USD Coinやテザーのような暗号資産は必要なくなるだろう」とコメントしました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
暗号資産のCircleが国立銀行を目指すと発表、実現すれば事実上デジタル通貨における中央銀行に - GIGAZINE

600億円超えの暗号資産をDeFiから盗み出したハッカーが全額返還するに至った経緯とは? - GIGAZINE

過去最高額の総額600億円超の暗号資産がハッキングにより盗まれる - GIGAZINE

時価総額6兆円超えの仮想通貨「テザー」の発行元を司法省が捜査しているとの報道 - GIGAZINE

Facebookの仮想通貨「Diem」が主要な事業をアメリカへ移行、ドルと連動するステーブルコインの発行を目指す - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.