生き物

ペットのネコが谷を20メートルも滑り落ちた83歳の老婦人を救う

by Tamara Longmuir

2021年8月15日、イギリスのコーンウォールに住む83歳の老婦人が行方不明になりました。救助隊が派遣されて捜索が行われる中、1匹のネコが老婦人の居場所を知らせたことにより、見事救助に成功したということが報じられました。

Cornwall: First pictures of hero cat whose meowing helped save owner, 83, who fell 70ft through barbed wire | UK News | Sky News
https://news.sky.com/story/cornwall-first-pictures-of-hero-cat-whose-meowing-helped-save-owner-83-who-fell-70ft-through-barbed-wire-12383132

助けを呼ぶネコの存在に気づいたのは、捜索活動に加わっていた近所に住む38歳のタマラ・ロングミュアーさん。ロングミュアーさんは自分の農場を中心に老婦人の捜索を行っていたところ、トウモロコシ畑へ続く門の前に座って絶え間なく鳴き続けているネコを見つけたとのこと。

by Tamara Longmuir

ネコはロングミュアーさんにすり寄り、トウモロコシ畑に続く門を出たり入ったりして鳴き続けていたため、ロングミュアーさんはトウモロコシ畑に何かあると考え、門を超えて探すことにしました。畑のトウモロコシは茎の高さが2メートルに達していたため中の様子を探るのは難しく、ロングミュアーさんは周囲の農道をたどりながら老婦人の名前を呼び続けたとのこと。しばらく歩き続けた後、ロングミュアーさんの呼びかけにかすかな反応がありました。

ロングミュアーさんはトウモロコシ畑の外、有刺鉄線でさえぎられた境界線の向こう側にある、20メートルもの長さの谷を越えた先の小川のほとりで横たわっている老婦人を見つけたとのこと。ロングミュアーさんはなんとか傾斜を下って老婦人の元までたどり着き、老婦人が大きなケガを負っていないか確かめました。


その後、ロングミュアーさんは持っていた携帯電話で救助隊に連絡。複雑な地形だったため救助に時間がかかったものの、ロングミュアーさんが老婦人を見つけてから約2時間後に救助は成功し、老婦人は救急車で病院に運ばれました。

老婦人の命に別条はなく、治療を受けて容体は安定しているとのこと。ロングミュアーさんは「ネコがトウモロコシ畑の門で待っていなかったら、救助が数時間遅れていたでしょう」と話しました。イギリスの放送局・Sky Newsによると、ネコは老婦人の飼いネコ・ピラン君。地元警察はピラン君を「ヒーロー」と呼び、SNSでいきさつを報告しました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
遭難したハイカーが「写真の特定が趣味の人」により速攻で発見される - GIGAZINE

画像1枚から遭難したハイカーの居場所を特定した人物がその特定法を解説 - GIGAZINE

タイの洞窟で遭難したサッカーチームの少年ら13人を無事救出した舞台裏をダイバーが語る - GIGAZINE

大自然に迷い込んでも3日間生き延びるための方法 - GIGAZINE

ドローンが増水した川の濁流の中に取り残された少年2人の救助活動で大活躍 - GIGAZINE

in 生き物, Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.