メモ

Mastercardが磁気ストライプを段階的に廃止すると発表、2033年までに完全廃止の方針


クレジットカードブランドの1つであるMastercardが、自社カードへの磁気ストライプの搭載を2033年までに段階的に廃止する計画を発表しました。

Goodbye magnetic stripe
https://www.mastercard.com/news/perspectives/2021/magnetic-stripe/


Mastercardは2021年8月12日、自社クレジットカードとデビットカードへの磁気ストライプの搭載を段階的に廃止し、ICチップのカードに一本化する計画を発表しました。2029年までに新規発行カードへの磁気ストライプの搭載が終了し、2033年までに完全に廃止されるとのこと。ただし、アメリカとカナダで発行されたプリペイドカードは対象外です。


磁気ストライプによる決済という長年続いた支払い方法は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによる影響で徐々に変化を遂げつつあります。Mastercardの調査では、2021年の第1四半期(1~3月)に行われた非接触型決済は、前年同期比10億件増。2021年第2四半期(4~6月)には、全世界の対面による決済において45%が非接触型決済だったとのこと。

Mastercardの担当者は、磁気ストライプが廃止されることによって、消費者だけでなくカードに関わる人々全員に有益なものとなると述べ、廃止の利点を強調しました。コンサルタント企業Merchant Advisory Groupのジョン・ドレクニーCEOは「磁気ストライプのサポートに必要な負担がなくなる日を楽しみにしています。Mastercardが支払い時のセキュリティを強化し、加盟店と消費者を保護する方針を決定したことを称賛します。他の業界も同様の方向に進むことを望んでいます」と述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Mastercardが「2021年中に暗号資産に対応する」と発表 - GIGAZINE

新型コロナウイルスの影響で現金を使う人がたった数日で半減したと話題に - GIGAZINE

Amazonが手をかざすだけで料金を支払えるデバイス「Amazon One」を発表 - GIGAZINE

アダルトムービー世界最大手「Pornhub」への決済をMastercardとVisaが停止、児童の性的虐待コンテンツ疑惑で - GIGAZINE

in Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.