レビュー

高い性能をどんな場所でも発揮するモバイルワークステーション「Dell Precision 5560」レビュー


世界最薄の15インチモバイルワークステーションだという「Dell Precision 5560 ワークステーション」を実際に触ってみました。

Dell Precision 5560 ワークステーション | Dell 日本
https://www.dell.com/ja-jp/work/shop/モバイル-デスクトップワークステーション/precision-5560-ワークステーション/spd/precision-15-5560-laptop

外の化粧箱はこんな感じ。


本体の底面積は3440mm×2300mm。厚みは11.64mm、端の薄いところは7.7mm。重量は構成により1.84kg~2.04kg。


本体左側面にはThunderbolt 4ポートが2つ。


正面側は薄く絞られていて、インジケーターやポートの類いはありません。


本体右側面にはUSB 3.2 Gen2 Type-Cポート、SDカードスロット、オーディオジャック。


背面側はこんな感じ。


底面側は高さの低いゴム足が2カ所に設けられています。


開くとこんな感じ。


キーボードは左下がCtrlで、右Altキーはなし。なお、独立した電源ボタンやスイッチはなく、キーボード右上の無印のボタンが電源ボタンです。


同梱物はACアダプタ、電源ケーブル、USB-A・HDMI変換ドングル。


電源に接続するとこんな感じ。


画面はかなりベゼルが狭め。


ベゼル上部には720p・30fpsのHDカメラを内蔵。


USBメモリーなどを使う際にはドングルの接続が必要です。


定番ベンチマークソフト「Geekbench 5」で性能を測定してみました。ちなみに、CPUは第11世代Intel Core-i9 11950H(2.60GHz)、GPUはNVIDIA GeForce RTX A2000、メモリーは32GB搭載です。


CPUベンチマークのスコアは、シングルコアが「1680」、マルチコアが「9088」。


搭載GPU・NVIDIA RTX A2000のベンチマークスコアは、CUDAAPI利用時に「64183」。


OpenCLAPI利用時、「63474」。


VulkanAPI利用時、「49199」。


「PassMark PerformanceTest」Ver.10でもベンチマークを行いました。

全体スコアは4136。モバイルPCであるVAIO SX12を上回り、ゲーミングPCのROG Zephyrus M16 GU603のわずかに下ぐらい。


CPUは第11世代Intel Core-i 11950GHを搭載していることもあり、23292でかなりのハイスコア。


2Dグラフィックは、ゲーミングPCと比べるとやや低い383。


しかし3Dグラフィックでは、一部のゲーミングPCを上回る10958を記録。


メモリのスコアは2668。


ディスクのスコアは19400でした 。


PassMark BurnInTest」での1時間の負荷試験は問題なくクリア。


負荷試験中の温度変化はこんな感じ。CPU温度は最高で53℃にコントロールされており、極めてうまく温度管理が行われた印象です。なお、これだけの温度に抑え込んでいるにもかかわらずファン音はまったく気にならないレベルで静か。仮に何か端末から音を出す機会があったとしても、ファン音に邪魔されることはありません。


負荷試験中のPCをサーモカメラ「FLIR ONE Pro」で撮影したところ、ヒンジ部分からディスプレイ前に吹き出す風が42℃ほど。


キーボードはおよそ44℃。


パームレストや本体周辺へはあまり熱は伝わっていません。


背面側へは47℃の排熱が行われています。


底面はおよそ43℃。


ACアダプタは47℃で、やや高めという印象。


なお、あくまで「ワークステーションをどこへでも持ち出せる」という意味合いでの「モバイルワークステーション」であって、バッテリー駆動しつつ性能を全力で発揮することは想定外らしく、バッテリーのみで高負荷処理をさせ続けたところ、1分間に1%~2%ずつバッテリー残量が減少していくペースで、約1時間経過したところで残17%となり電源に接続するよううながすダイアログが出たあと、一気に残量3%にまで落ち込んで休止状態になってしまいました。

しかし、高いパフォーマンスをどんな現場でも発揮可能なことが求められるモバイルワークステーションらしく、電源に接続することさえできれば、安定して高い性能を発揮してくれました。


「Dell Precision 5560 ワークステーション」はプロセッサやメモリー搭載量、ストレージ容量の構成違いにより、税込・配送料込みで33万681円~50万682円で販売されています。

Dell Precision 5560 ワークステーション | Dell 日本
https://www.dell.com/ja-jp/work/shop/モバイル-デスクトップワークステーション/precision-5560-ワークステーション/spd/precision-15-5560-laptop

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
極狭ベゼルの16インチディスプレイがゲームへの没入感を高めるゲーミングPC「ROG Zephyrus M16 GU603」レビュー - GIGAZINE

900gを下回る小型軽量ボディに高速SSDや大容量バッテリーを詰め込んだ「VAIO SX12」レビュー - GIGAZINE

GeForce RTX 3060&第10世代Core i7搭載でゲームプレイ&録画も軽々こなせるMSIのゲーミングノートPC「GF65-10UE-258JP」レビュー - GIGAZINE

Ryzen R7 5800H搭載の「Alienware m15 Ryzen Edition R5 プラチナ」を触ってみたレビュー - GIGAZINE

世界初の立体成型フルカーボンボディ採用ノートPC「VAIO Z SIGNATURE EDITION」レビュー - GIGAZINE

Acer Aspire新モデルでベーシック用途向けの「A315-23-F38AU/K」を徹底的にベンチマークしてみた - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.