サイエンス

「地球温暖化は人間が原因」とIPCCがついに断定、「人類にとって赤信号」と国連事務総長


国連環境計画と世界気象機関が設立した気候変動評価機関・気候変動に関する政府間パネル(IPCC)がおよそ8年ぶりに報告書を発表し、その中で「地球温暖化は人間が原因」と初めて断定しました。

Climate change widespread, rapid, and intensifying – IPCC — IPCC
https://www.ipcc.ch/2021/08/09/ar6-wg1-20210809-pr/

Sixth Assessment Report
https://www.ipcc.ch/report/ar6/wg1/

Guterres: The IPCC Report is a code red for humanity
https://unric.org/en/guterres-the-ipcc-report-is-a-code-red-for-humanity/

2021年7月26日から8月6日にかけてオンラインで開かれていた第54回総会及び第1作業部会第4回会合の中で、IPCCは2013年の第5次評価報告書以来約8年ぶりとなる「第6次評価報告書」を発表しました。この会合には各国政府の代表並びに世界気象機関、国連環境計、気候変動枠組条約など国際機関から、300名以上が出席しており、日本からは外務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、気象庁、環境省などから、計21名が出席しました。


この報告書で注目を集めているのが、「地球温暖化は人間が原因」とIPCCが初めて断定した点です。IPCCは1990年に公開した第1次評価報告書以来、地球温暖化に対して人間の活動が及ぼしている影響について年々表現を強めており、(PDFファイル)第5次評価報告書では「1951年から2010年の世界平均地上気温に観測された上昇の半分以上は、人間活動が引き起こした可能性が極めて高い」という表現にとどめていましたが、今回初めて「人間の影響が大気、海洋及び陸域を温暖化させてきたことには疑う余地がない」という断定表現を用いました。

第6次評価報告書は、以下のURLから日本政府が作成した政策決定者向け要約の概略を読むことができます。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書 第1作業部会報告書(自然科学的根拠) 政策決定者向け要約(SPM)の概要(ヘッドライン・ステートメント)
https://www.meti.go.jp/press/2021/08/20210809001/20210809001-1.pdf


この証拠とされているのが気温の変化です。世界平均気温(10年平均)の変化を示したグラフが以下で、産業革命が生じた1850年以後では、観測値が急激に上昇しています。


1850年から2000年だけを抜き出して表示したグラフが以下。人為・自然起源両方の要因を考慮した推定値(黄色)と自然起源の要因のみを考慮した推定値(緑色)には、かなりの隔たりが見られます。


こうした温暖化の影響は全世界的だということも今回の報告書の結論の1つ。極端な高温については、北米・南米・欧州・アフリカ・アジア・オーストラレーシアなどの世界各地ほぼ全てで増加が確認されています。さらに、大半の地域で人間の寄与の確信度は高いとされています。


大雨に関しても、データがそろっている地域においては例外なく増加を示しています。


農業および生態学的干ばつは、増加は12地域で、減少はわずか1地域。


温室効果ガス削減策達成率によって定められる社会経済シナリオ(SSP)において、IPCCは「世界平均気温は、本報告書で考慮した全ての排出シナリオにおいて、少なくとも今世紀半ばまでは上昇を続ける。向こう数十年の間に二酸化炭素及びその他の温室効果ガスの排出が大幅に減少しない限り、21世紀中に、地球温暖化は1.5°C及び2°Cを超える」という見解。


最悪のシナリオでは、2050年頃から9月には北極海の海氷が実質的に消滅し……


海面付近のpHは7.7を下回り……


1900年と比較して世界平均海面水位は1.0m上昇するとの見込み。


今回の報告書を作成したIPCC第1作業部会のPanmao Zhai共同議長は「気候変動はすでに地球上のすべての地域にさまざまな形で影響を及ぼしています。私たちが経験する変化は、温暖化が進むにつれて大きくなるでしょう」と述べ、気候変動によって熱波や豪雨などの異常気象や海面上昇、永久凍土層の融解、海洋酸性化などが今後増加する見通しだとコメント。アントニオ・グテーレス国連事務総長は「人類にとって赤信号」と語っています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
もはや気候変動は「第三次世界大戦」レベルの危機と専門家、気候変動と戦う上で重要な「4つの武器」とは? - GIGAZINE

「地球温暖化は既に人類の制限目標を超えるほど進行している」という報告 - GIGAZINE

「国連の機関が発表した気候変動に関するレポートは楽観的すぎる」という議論 - GIGAZINE

温暖化が一定以上進むと人間の手によって押しとどめることが不可能に、今後10年の動向が分岐点だと専門家 - GIGAZINE

どうすれば手遅れになる前に地球温暖化を止められるのか? - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.