生き物

ペットや家畜が新型コロナウイルスの「変異株」を生み出すことはあり得るのか?


2020年に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが生じて以降、COVID-19は、果てはゴリラトラの感染が確認されています。2021年に入ってデルタ株などの強力な変異株の危険性が叫ばれる中、ケンブリッジ大学でウイルス免疫学について研究する獣医のサラ・L・キャディ氏が「ペットや家畜によって新型コロナウイルスが進化することはあり得るのか?」という疑問に答えています。

COVID variants: could dangerous new ones evolve in pets and farm animals?
https://theconversation.com/covid-variants-could-dangerous-new-ones-evolve-in-pets-and-farm-animals-163592

2021年に入ってから新型コロナウイルスのさまざまな変異株が猛威を奮っており、中には「従来よりも潜伏期間が短くウイルス量も1000倍以上に増加する」という報告結果も提出されたデルタ株など、危険度の高い変異株も複数流行しています。

新型コロナのデルタ変異株は「従来よりも潜伏期間が短くウイルス量も1000倍以上に増加する」と判明 - GIGAZINE


こうした変異株の流行に伴って頭に浮かんでくるのが「新型コロナウイルスはペットの体内で変異するのか?」という疑問。新型コロナウイルスは動物に感染しても人間ほど強い症状を引き起こさないとされていますが、さまざまな動物で感染が確認されています。

こうした疑問に答えてくれるのが、ウイルス免疫学について研究する獣医のキャディ氏。キャディ氏によると、すでに新型コロナウイルスに感染する動物種については多数の研究が進行しており、「どの種が感染するのか」「どの種で実際に感染が拡大しているのか」などの詳細な調査が始まっているとのこと。研究施設ではさまざまな家畜種と野生種を新型コロナウイルスに感染させるという実験が行われており、どの動物が新型コロナウイルスに感染しうるのかが調べられています。

一方、自然感染に関する研究では、ペットとして最も一般的な猫と犬が主流。2021年6月に公開された(PDFファイル)論文では、2020年11月~2021年2月に調査されたペットの犬・猫377匹のうち、新型コロナウイルスの抗体を有する個体はわずか6匹だったとのこと。このことから、キャディ氏は「飼われている犬と猫で感染が広がっているということもなければ、変異株を生み出せるほど新型コロナウイルスをため込んでいることもないと考えられます」とコメントし、犬猫に関しては問題ないと説明しました。


新型コロナウイルスの変異株を生み出しかねない動物としてキャディ氏が挙げたのがミンク。ミンクは新型コロナウイルス初の「動物からヒトへの感染事例」として確認された他、2020年11月には世界最大の毛皮産業を有するデンマークにおいて実際にミンクからヒトに新型コロナウイルスが感染する事例が続発していることが確認された動物です。ミンク由来の感染が続発したことを受けてデンマーク政府は国内の毛皮用ミンク約1700万匹の殺処分を決定しましたが、この殺処分に際して埋葬されたミンクが墓穴から出てきてしまった一件も話題を呼びました。

大量殺処分されたミンクがゾンビのように墓穴から出てくる事態が発生 - GIGAZINE

by dyrevern

ミンクについてキャディ氏は「注意深く監視を続ける必要があります」とミンク由来の変異株は発生しうることを示唆。デンマーク政府の対応については「ミンクの感染は急速に抑えられました」と、状況の制御に有効だったという見方を示しています。

また、ウイルスは他者に感染する場合だけでなく、免疫が万全に機能していない生物の体内で長期的に生存し続ける場合にも変異を起こします。この体内で長期的に生存し続けた結果生じる変異は動物で起こりえるのか、という疑問についてキャディ氏は「動物もさまざまな理由で免疫力が低下することがありますが、ウイルスが進化し得るほどの状況になることはほとんどありません。ましてや野生動物の場合は免疫力が低下すると生存が困難になるため、ウイルスが進化するほど長く生存するということ自体が考えられません。しかし、ごく初期段階にある(PDFファイル)動物実験では小さな突然変異が生じたことが確認されており、新型コロナウイルスは体内に短期間しか存在しない場合でも変異を生じうると示唆されています」と解説しました。

キャディ氏は「動物間感染や慢性感染の証拠が見つかった際には、厳格な管理措置を迅速に講じる必要があります」と述べ、人間と同レベルの包括的管理措置は必要ないとしつつも、「将来に向けて先入観を持たないようにしておく必要があります」とコメントしました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナのデルタ変異株は「従来よりも潜伏期間が短くウイルス量も1000倍以上に増加する」と判明 - GIGAZINE

新型コロナのインド変異株「デルタ株」のさらなる進化形「デルタプラス株」とは? - GIGAZINE

ペットのネコとイヌは驚くほど高い確率で飼い主から新型コロナをうつされているという研究結果 - GIGAZINE

犬のコロナウイルスが人に感染することが判明、危険性はあるのか? - GIGAZINE

in サイエンス,   生き物, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.