メモ

1000億円の資金調達に暗号資産取引所「FTX」が成功、企業価値は2兆円に到達


暗号資産取引所のFTXがソフトバンクを含む60以上の投資グループから9億ドル(約1000億円)の資金調達に成功したことを2021年7月20日に発表しました。この資金調達成功により、FTXの企業価値は190億ドル(約2兆円)に到達しています。

FTX Trading Ltd. Closes $900M Series B Round -- Largest Raise in Crypto Exchange History
https://www.prnewswire.co.uk/news-releases/ftx-trading-ltd-closes-900m-series-b-round-largest-raise-in-crypto-exchange-history-847881913.html


Crypto Exchange FTX Raises $900 Million, Valued at $18 Billion - Decrypt
https://decrypt.co/76447/crypto-exchange-ftx-raises-900-million-valued-at-18-billion

FTXは2019年に設立された100万人以上のユーザーを抱える暗号資産取引所で、 CoinGeckoが集計した24時間当たりの建玉ランキングではBinanceに続いて業界2位と記録されています。


FTXによると、FTXは2020年にシリーズAラウンドの資金調達に成功した後、2021年には収益を75倍にすることに成功したとのこと。FTXは2021年にプロバスケットボールチーム「マイアミ・ヒート」のホームスタジアムの命名権を獲得したり、アメリカンフットボール選手のトム・ブレイディブランドアンバサダーとして迎え入れたりと、スポーツ業界に対するアプローチも続けています。

今回FTXへ合計1000億円の資金提供を行った投資グループにはソフトバンクの他にセコイア・キャピタルThoma Bravoといった大手ベンチャーキャピタルが名を連ねています。FTXのサム・バンクマン・フリードCEOは「「今回の資金調達で得たパートナーと協力してFTXを最高の企業に成長させられることに興奮しています。FTXは2年前に新しいデリバティブ取引所としてスタートしました。今回の資金調達は、FTXが幅広いビジョンを構築し続けるのに役立ちます」と述べています。


暗号資産関連のニュースメディア・Decryptによると、FTXは調達した資金を信用取引関連企業の買収に用いる予定とのこと。また、フリードCEOは過去に「資金を調達できたならば、ゴールドマン・サックスなどの大手金融機関を買収したいと考えています」と発言していたとのこと。しかし、フリードCEOは今回の資金調達成功後に「ゴールドマン・サックスは買収のターゲットとしては大きすぎます。それでも、私たちは大手金融機関に興味があります」と述べ、ゴールドマン・サックスの買収検討は時期尚早であるとしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ビットコイン価格が再び3万ドル割り込み、一気に2万2000ドル台に下がるという予想も - GIGAZINE

ビットコイン価格低迷で取引量が前月比40%減 - GIGAZINE

政府が仮想通貨を規制する前から中国のマイニングシェアは大幅に低下していたことが明らかに - GIGAZINE

グラフィックカードの価格が急落、中国のビットコイン規制強化により - GIGAZINE

中国による大幅規制強化はビットコインにどれだけ影響を与えたのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.