動画

1万4000枚の写真からVRの世界にスペインの城塞都市をまるごと再現した猛者が登場


スペイン中東部に位置するアルバラシンは標高約1200mの崖沿いにある人口1000人ほどの城塞都市で、まるで中世ファンタジー作品に出てくるような石作りの町並みや景観が楽しめることで有名な観光スポットの1つです。そんなアルバラシンの町並みを、ノーベルチョコ氏が撮影した約1万4000枚の写真からVR(拡張現実)化し、実際に歩いて眺めるレベルに再現しています。

VRChat - Home
https://vrchat.com/home/launch?worldId=wrld_7f05a6b7-0223-488e-90f9-253fb787276d


このVR版アルバラシンは、ソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」のPC版のみで体験可能。また、ノーベルチョコ氏がTwitterで公開しているムービーを見てもどんな感じなのかを見ることができます。


アルバラシンの全体像はこんな感じ。


アルバラシンの、石作りの家や石畳で構成された町並みが流れていきます。


崖際を歩く場面も。


崖からは14世紀頃に建設された教会や町並みが一望できます。


一部の建物は回廊部分ものぞくことができます。


ノーベルチョコ氏によれば、このVR版アルバラシンは、1万4000枚ほどの写真を手持ちカメラで撮影した写真から構築されたそうです。


なお、ノーベルチョコ氏はアルバラシンの色を調整したムービーも公開しており、ファンタジー世界を舞台にしたアクションゲーム「ダークソウル」のステージのような雰囲気を楽しめます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型VRヘッドセット「Oculus Quest 2」正式発表、日本国内でも予約受付開始 - GIGAZINE

スマホで撮った顔を3DモデルにはめこんでAR空間で動かせる「Highavenue」を使ってみた - GIGAZINE

おじさんでも美少女になれる「バーチャル美少女に受肉する方法」をバーチャルYouTuberにレクチャーしてもらえるトークパネルまとめ - GIGAZINE

Googleが拡張現実(AR)で古代のクリーチャーやアポロ11号を部屋の中に出現させることが可能なスマホアプリの新機能を発表 - GIGAZINE

座ったままVR空間を「歩く」ことができるサンダル型デバイス「Cybershoes」は自宅で簡単にVRへの没入感を高めることが可能 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス,   動画, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.