サイエンス

勝ち組の子どもは勝ち組になりやすいことがハイエナの研究から示される


近年、「個人の成功は自らの努力によるものなのか、それとも親や環境に依存しているのか」という疑問に関する議論数多く行われています。そんな中、バル=イラン大学ミシガン州立大学の合同研究チームがハイエナの社会構造を分析して「子どもの社会的地位は親の社会的地位に依存する」とする研究結果を報告しています。

Rank-dependent social inheritance determines social network structure in spotted hyenas | Science
https://science.sciencemag.org/content/373/6552/348

Mom’s powerful friends keep high-ranking hyenas on top | Science | AAAS
https://www.sciencemag.org/news/2021/07/mom-s-powerful-friends-keep-high-ranking-hyenas-top

「個人の成功には親の力が大きく関わる」という言説に関しては、さまざまな議論が行われおり、2018年には「裕福な家庭に産まれた才能のない子ども」が「貧乏な家庭に産まれた才能のある子ども」よりも高い割合で大学を卒業しているということが判明。成功には生まれ持った才能よりも環境の方が強く影響することが示されていました。

遺伝子研究で「才能ありで生まれるよりも金持ちに生まれる方がいい結果を生む」という結果が発表される - GIGAZINE


研究チームは、このような親の社会的地位による子どもへの影響が人間以外の社会的な動物でも起こるのかを確かめるべく、ケニアのマサイマラ国立保護区でハイエナの血縁関係や群れの構成を20年以上にわたって追跡したデータを用いて、集団内における母親の地位と子どもの地位の関係性について検証しました。

ハイエナは複数の家族が集まって群れを構成し、メスがリーダーを務めることが知られています。今回の研究の結果、群れの中でも高い地位にいたハイエナの子どもの場合、母親が所属していた群れと同じ群れに所属し続けた方が長生きすることが判明。一方で、群れの中で低い地位にいたハイエナの子どもの場合は、母親とは異なる群れに所属した方が長生きすることが判明しました。

研究チームの一員で、動物社会学を研究しているアミヤール・イラニー氏は、「地位が高い母親の子孫は、より強い社会的地位に就きます。これは『銀の匙』のようなものかもしれません。地位が高いハイエナの子どもは、母親の集団内での立ち位置を模倣することで高い地位に就けます。母親の地位が低い場合は別の集団に参加した方が高い地位に就けるでしょう」と述べ、母親の地位が子どもの地位に大きく影響を与えることを強調しています。


オックスフォード大学で動物社会学を研究するジョシュ・ファース氏は、「このハイエナに関する研究結果は、人間の母親と父親が子どもたちの人間関係に与える影響を物語っています」「私たちは、『自分が関係を築く相手は、自分の行動によって決定される』と考えがちです。しかし、私たちの人間関係は両親の影響を強く受けているのです」と述べ、人間における社会的な立ち位置もハイエナと同様に親世代の影響を強く受けると主張しています。


なお、ファース氏は群れを構成することが知られる鳥類・シジュウカラでも社会的地位が世代間で継承される現象を確認しているとのことで、「ハイエナやシジュウカラで示された結果は、自然界のシステムを解明するための道しるべになります」と語っています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
遺伝子研究で「才能ありで生まれるよりも金持ちに生まれる方がいい結果を生む」という結果が発表される - GIGAZINE

「勝ち組」は自分の強さを「運や偶然ではなく実力によるもの」と思い込みやすいのか、トランプゲームで実験した結果は? - GIGAZINE

貧しい地域に住むと貧困から抜け出せないばかりかIQや健康状態、学力にまで悪影響を及ぼす - GIGAZINE

両親の離婚は子どもにどのような影響を与えるのか? - GIGAZINE

子どもの才能を伸ばすのに重要な5つの要素とは? - GIGAZINE

「親が経験したことも遺伝して子孫に受け継がれる」という研究結果 - GIGAZINE

in サイエンス,   生き物, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.