試食

レモン生絞りで食べる「エビブロサラダのエビバーガー」やナンに挟んだ韓国風「ヤンニョムチキンナンサンド」を食べてみた


ハンバーガーに挟まれたくし切りレモンを絞って食べる「エビブロサラダのエビバーガー」と、韓国風甘辛だれ「ヤンニョムソース」にくぐらせたフライドチキンをナンに挟んだ「ヤンニョムチキンナンサンド」が2021年7月15日(木)よりロッテリアに登場しています。さっぱり&ピリ辛でどちらも暑い季節向きのバーガーになっているとのことなので、さっそくロッテリアで買って食べてみました。

~暑い季節にぴったり!2 種類のバーガーが新登場!~“甘辛”『ヤンニョムチキンナンサンド』“さっぱり”『エビブロサラダのエビバーガー』 2021 年 7 月15 日(木)から期間限定で販売!
(PDFファイル)https://www.lotteria.jp/pdf/jp/store/storage/210705_yangnyeom_ebiburo.pdf

今回はテイクアウトで購入。


左がエビブロサラダのエビバーガー、右がヤンニョムチキンナンサンドです。


まずはエビブロサラダのエビバーガーから開封してみたところ、バーガーの間にくし切りレモンが挟まれていました。なかなか違和感のある光景です。


バーガーのサイズは直径が10cmほどで……


高さが5.5cm。


バンズを外してみたところ、えびパティとバンズの間にブロッコリーとレモン、特製タルタルソースが挟まれている構成。


「レモンを絞ってお召し上がりください」とのことなので、パティの上に絞っておきます。


絞った後のレモンは除いて食べてみます。


サクサクのエビパティとともに特製タルタルソースに入っている卵やシャキシャキの玉ねぎ、ゴロッとしたブロッコリーが感じられ、一口で色んな食感が味わえます。マヨネーズがまろやかなタルタルソースとえびパティの相性はいわずもがなですが、レモンが後入れのためキリッと酸味が立っていて、香りもさわやか。食感と香りを際立たせたえびバーガーという感じです。


続いて、ヤンニョムチキンナンサンドを食べてみます。


開封するとこんな感じ。


サイズは全長が9cmほどで……


高さが4cmくらい。


バンズを開くと、ソースがしっかり絡んだフライドチキンとバンズの間にレタスとマヨネーズが挟まれていました。


もっちりとしたナンの間に挟まれたフライドチキンにはたっぷりとソースが絡んでいるので、「サクサク」というよりも「しっとり」の食感。ソースは確かに韓国料理の雰囲気が感じられ、「甘辛」の言葉どおり甘さの中にピリッとした唐辛子の刺激がありますが、汗がにじまないくらいの「チョイ辛」といったところ。辛いもの好きならちょっと物足らないかもしれません。ソースは濃厚ですが、胸肉を使っているので重くなく、さっぱりと食べられました。


なお、エビブロサラダのエビバーガーはイートイン時の税込価格が460円、ヤンニョムチキンナンサンドは440円で、いずれも9月上旬までの提供となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
たっぷりあふれる辛口ソースがヒリヒリと爽快な刺激をもたらすモスの新バーガー「クール スパイストマト」を食べてみた - GIGAZINE

肉汁あふれる唐揚げにガツンとにんにく&ショウガの香味ダレが食欲を爆発させる松のや「本格唐揚げのやみつき油淋鶏」試食レビュー - GIGAZINE

肉の味を引き立てるピリ辛ハラペーニョソースがたっぷり入った「ヤラピノホットソースワッパー」などバーガーキングの新作3品を食べてみた - GIGAZINE

厚切り神戸牛をガツガツ食べられる「神戸牛旨辛つけうどん&神戸牛焼肉丼」試食レビュー - GIGAZINE

100%炭火焼きの4枚肉と甘辛テリヤキソースの相性が抜群なバーガーキングの「東京テリヤキタワー超ワンパウンドビーフバーガー」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.