ネットサービス

Googleがクラウドゲームサービス「Stadia」の手数料を引き下げると発表、開発者にアピールする新戦略を複数打ち出す

by Marco Verch

Googleがゲーム開発者向け会議Google for Games Developer Summit 2021の中で、クラウドゲームサービス「Stadia」の手数料引き下げなど、開発者側の増収を促す新プログラムを複数発表しました。

Stadia Keynote - YouTube


Google tries to attract Stadia publishers with better revenue sharing | Ars Technica
https://arstechnica.com/gaming/2021/07/google-rolls-out-more-generous-revenue-sharing-to-attract-new-stadia-games/

Gamasutra - Stadia to give devs a cut of Stadia Pro revenue (based on how often their game is played)
https://www.gamasutra.com/view/news/385036/Stadia_to_give_devs_a_cut_of_Stadia_Pro_revenue_based_on_how_often_their_game_is_played.php

Stadia increases revenue split for developers until the end of 2023 | Android Central
https://www.androidcentral.com/stadia-increases-revenue-split-developers-until-2023

Googleが新たに発表した開発者向けプログラムの中でも最も目玉として報じられているのが、「手数料の引き下げ」です。Googleによると、2021年10月1日以降にStadiaストアでリリースされるタイトルについては、売上が300万ドル(約3億3200万円)に達するまで手数料を15%にまで引き下げるとのこと。Googleは今回の講演の中で元々の手数料について明かしておらず、報道各社に対しても「他の業界プラットフォームと同等の競争力あるレベニューシェア条件を課しています」と答えているため具体的にどれだけ引き下げられたかは不明瞭ですが、報道各社は「元々は30%」と予想しており、今回発表されたプログラムによって「手数料が半額になった」と報じています。なお、このプログラムは300万ドル以降の売上については現行の手数料を課し、プログラム自体も2023年末に終了します。


また、月額9.99ドル(約1100円)で特定タイトルがプレイし放題になるというサブスクリプションプラン「Stadia Pro」について、収益を「セッション日数」に応じて開発者に還元するというプログラムも明かされました。セッション日数とは「プレイヤーのログイン日数の総和」にあたる概念で、1人のプレイヤーが1日プレイしたならば「1セッション」、2日プレイしたならば「2セッション」とカウントするという方式。GoogleはStadia Proに新たに加わるタイトルに対し、Stadia Proの収益の70%を前述のセッション日数に応じて分配する予定です。


さらに、1クリックでダイレクトにゲームプレイが可能なリンク「Click-to-Play」を強化するため、GoogleはClick-to-Playにアフィリエイト機能を持たせると発表しました。このアフィリエイト機能は、ユーザーがClick-to-Playを通じてStadia Proに加入した場合、リンク作成者は「1ユーザーあたり10ドル(約1100円)」を受け取れるという仕組み。2022年上半期から実施される見込みですが、アフィリエイト機能で発生した収益の分配を受けるには、稼ぎ出した金額が500ドル(5万5000円)に達しなければならないという注意事項が存在します。この機能について、Googleは「Click-to-Playはソーシャルメディア、YouTube動画、広告、パートナーシップなど、リンクをクリックする場所を問わずStadia上でプレイヤーをゲームに引き込めるような、シンプルかつ特別なリンクを作成するというインセンティブになります」と述べています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
GoogleがStadia専用ゲーム開発部門を閉鎖、Stadia自体は今後も継続 - GIGAZINE

「Stadiaの開発部門閉鎖により小島秀夫監督の新作ゲームを含む数十のプロジェクトが中断された」という報道 - GIGAZINE

「テラリア」開発者がGoogleアカウントを利用不可能になり「Googleとは関わりたくない」とStadia版開発をキャンセル - GIGAZINE

in ネットサービス,   ゲーム, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.