取材

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の舞台挨拶に伊之助役・松岡禎丞が登場、映画でもTVと地続きなので「いつも通りの感覚」で演じたと語る


劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のBlu-ray・DVD完全生産限定版早期特典予約キャンペーンとして予定されていた舞台挨拶付き上映会が、新型コロナウイルス感染拡大による延期を経て、2021年7月に実施となりました。本日・7月11日(日)は大阪会場での舞台挨拶に、嘴平伊之助役の松岡禎丞さんが登場しました。

劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編公式サイト
https://kimetsu.com/anime/

大阪の会場となったのは梅田ブルク7のシアター6。


「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編 スペシャルトークin大阪」


司会進行はアニプレックスの高橋祐馬さんが担当。この種のイベントは、「鬼滅の刃」でも2020年10月の舞台挨拶以来久々で、特に大阪での「無限列車編」イベントは初実施だったとのこと。


すでに、キャスト陣の作品への思いはコメンタリーやインタビューで語られているということで、このイベントでは来場した人からのメッセージを読み上げつつのトークが行われました。

「気合いを入れて熱演したシーンは?」という質問には、TVと地続きの作品であることから、映画だからといって気合いを入れるわけにはいかないため「いつも通りの感覚」を前提にやっていったと答えた松岡さん。2回に分けて行われた収録の1回目が「爆裂覚醒!」までで、2回目はバトルばかりだったため、喉がチクチクして大変だったと明かしました。収録の次の日には別の仕事もあったとのことですが、周りの先輩たちも頑張る中、「ここでやらなくてどうする」と踏ん張ったものの、伊之助が炭治郎に「弱気なこと言ってんじゃねえ」と声をかけるときには自分自身も限界を超えつつあったそうです。ちなみに、炭治郎に声をかけるシーンは1発OKで、松岡さんは「伊之助としてこれ以上の表現はない」というものをテストで出していたことから、もし本番前に「こうしてください」と演技指導があったらどうしようかドキドキしていたとのこと。

また、来場者の甥っ子が鬼滅好きの保育園児で、DVDを買ったと聞きつけて「貸してください」と土下座する動画が送られてきたという作品人気を物語るようなエピソードが紹介されると、松岡さんも、3人の姪っ子やその友だちが鬼滅好きだと告白。「作品に関するものを送って欲しい」と言われることが初めてだったことから、作品の幅広い層への人気を実感したことを明かしました。


後半に「本名OK・日野聡さん」からのメッセージがあり思わず「この人ですよね?」と確認する松岡さん。


実は、7月3日(土)に東京で舞台挨拶を実施した竈門炭治郎役・花江夏樹さんから、この日(7月11日(日))に博多で舞台挨拶をした日野聡さんに「ネタ振り」があり、それをこなした日野さんから松岡さんに新たなネタが飛んできたわけです。松岡さんは即座に「無茶ぶりというわけですね」と事情を理解。


日野さんからのお題は「伊之助のセリフを関西弁でお願いします!(グリコのポーズをしながら)」というもの。


念入りにセリフをどのように言うかシミュレーションを行った松岡さんは……


「爆裂覚醒、伊之助様のお通りじゃー!」とポーズを決めました。文字ではわかりにくいですが「お通りじゃー!」の部分が関西弁のアクセントになっていました。なお、このあと7月18日(日)に名古屋会場に登壇する下野紘さんへも無茶なお題が振られていました。


7月22日~29日には劇場での特別上映が行われ、『煉獄杏寿郎誕生日記念入場者プレゼントufotable描き下ろしA5バースデーカード』が配布されることになっています。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のBlu-ray&DVDは絶賛発売中です。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』Blu-ray&DVD発売告知CM第二弾弐・30秒ver - YouTube

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

なお、作品の新情報を発表する「鬼滅テレビ 新情報発表スペシャル」が7月13日(火)19時から、アニプレックスのYouTubeチャンネルおよびABEMAで配信されます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
アニメ「鬼滅の刃」遊郭編2021年放送決定でPV第1弾公開 - GIGAZINE

劇場版「鬼滅の刃」の累計来場者数が全世界で4000万人超を記録、興行収入は日本だけで400億円超え - GIGAZINE

「鬼滅の刃」の劇場版が日本の映画興行収入ランキング1位を19年ぶりに更新、観客動員数は2400万人超え - GIGAZINE

鬼滅の刃は世界でどれだけ人気なのかNetflixの再生数ランキングを見られる「FlixPatrol」を使って調べてみた - GIGAZINE

in 取材,   動画,   映画,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.