ゲーム

大手ゲーム会社のテンセントが未成年ユーザーに対して「顔認証によるゲームプレイ時間の制限」を実施すると発表


中国最大のゲーム会社・テンセントが未成年ユーザーの夜間におけるゲームプレイを禁止するために、顔認証システムを導入することを発表しました。

Tencent Deploys Facial Recognition to Detect Minors Gaming at Night
https://www.sixthtone.com/news/1007915/tencent-deploys-facial-recognition-to-detect-minors-gaming-at-night-


中国当局は2019年に、18歳未満の未成年に対して夜間(午後10時~午前8時)のゲームプレイを禁止し、未成年のゲームプレイに実名登録を必須とする規制を発表しました。テンセントはこれを受けて、実名認証によってゲームプレイ時間を制限してきましたが、多くの子どもたちは親の名前を登録することで夜間のゲームプレイ制限を回避していたとのこと。

この状況を受けてテンセントは2021年7月6日(火)に、「夜間に一定時間以上ゲームをプレイしたユーザーに対して、顔認証を求めます」「顔認証によって未成年と認められたユーザーや、顔認証を拒否したユーザーは未成年者として扱われ、ゲームプレイを中断させられます」と述べ、顔認証を用いて未成年のゲームプレイ時間制限を強化することを発表しました。


テンセントによると、制限の強化はスマートフォン向けゲームとして世界最高の売上を記録する「王者栄耀」や中国版PUBG Mobileの「Game for Peace」など、60以上のゲームを対象に始まるとのこと。さらに、将来的に対象ゲームを拡大する予定としています。

中国・江蘇省で暮らすチェン・リナ氏は、「私の7歳の子どもは、私の名前で王者栄耀のアカウントを取得し、1日に約30分プレイしています」「今後、子どものゲームプレイ時間が長くなることが予想されます。しかし、実名認証では子どもをゲームから遠ざけることはできません。そのため、顔認証システムは歓迎できる仕組みです」と述べ、顔認証システムの導入を歓迎しています。

一方で中国関連情報メディアのSixth Toneは、「高校を卒業したばかりの成人ユーザーが未成年として認識されてしまう例も報告されており、顔認証システムの導入に反対する声も挙がっています」と述べ、顔認証システムの導入には賛否両論があると指摘しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
顔認証システムにより多数の失業者が失業手当をもらえない事態が発生している - GIGAZINE

中国は公共空間に配備した監視カメラで「一般市民が隣人を監視するシステム」を構築している - GIGAZINE

顔認識機能を使って逃亡者を6万人参加のコンサート会場から中国警察が見つける - GIGAZINE

アリババが「ウイグル人を識別する顔認識クラウドサービス」を提供していたとの指摘 - GIGAZINE

キヤノンの中国子会社が「笑顔認証」機能付きAIカメラを社内に設置、入室時の笑顔100%を保証 - GIGAZINE

in モバイル,   ゲーム, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.