メモ

エルサルバドルがビットコインを法定通貨として採用する世界初の国となる見込み


中央アメリカに位置する小国家・エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領が、2021年6月4日にアメリカで行われたビットコインのイベント「Bitcoin 2021」にビデオ出演し、「ビットコインを法定通貨にする法案を来週議会に提出する」と発言しました。ビットコインが法定通貨として認められた場合、エルサルバドルはビットコインを法定通貨として採用する世界初の主権国家となる見込みです。

El Salvador looks to become the first country to adopt bitcoin as legal tender
https://www.cnbc.com/2021/06/05/el-salvador-becomes-the-first-country-to-adopt-bitcoin-as-legal-tender-.html

Strike Drives Bitcoin Forward as El Salvador Becomes World’s First Country to Adopt Bitcoin as Legal Tender | Business Wire
https://www.businesswire.com/news/home/20210605005045/en/Strike-Drives-Bitcoin-Forward-as-El-Salvador-Becomes-World%E2%80%99s-First-Country-to-Adopt-Bitcoin-as-Legal-Tender

フロリダ州マイアミで開かれた、1万2000人以上が集まったイベント「Bitcoin 2021」において、ブケレ大統領は「ビットコインテクノロジーを利用して国の最新の金融インフラストラクチャを構築するために、エルサルバドルはデジタルウォレット企業のZAPと提携している。来週、ビットコインを法定通貨にする法案を議会に提出する」と発言しました。


エルサルバドルでは大多数の国民が現金決済を行っており、約70%の国民は銀行口座やクレジットカードを持っていないとのこと。さらに、国内への送金や移民による国際送金がGDPの20%以上を占める中、既存のサービスでは国際送金の手数料に10%以上請求される場合があったり、着金までに数日かかる場合があったりするという問題があります。エルサルバドルが既存の法定通貨であるアメリカ合衆国ドルに加えビットコインを採用することで、これらの既存の問題を解決するデジタル経済に移行できるとみられています。


ZAPが開発する、ビットコインネットワークに簡単にアクセスできることをうたい文句にしているモバイル決済アプリ「Strike」は、2021年3月にエルサルバドルでリリースされた後、すぐに国内ダウンロード数1位に登り詰めたとのこと。ZAPの創設者であるジャック・マーラーズ氏は「ビットコインは、これまでに作成された最大の準備資産であると同時に、優れた通貨ネットワークでもある。ビットコインを保有することは、法定通貨のインフレによる潜在的なショックから発展途上国を保護できる手段となる」と述べています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
暗号資産が「移民労働者が故郷に送金する手段」になりつつあるとの報道 - GIGAZINE

イギリスが中央銀行デジタル通貨の検討のため専門機関を設立 - GIGAZINE

世界初の「国家中央銀行発行のデジタル通貨」が誕生 - GIGAZINE

Mastercardが「2021年中に暗号資産に対応する」と発表 - GIGAZINE

Visaが「ビットコイン決済」の導入を検討 - GIGAZINE

in Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.