ネットサービス

Twitterユーザー自身が誤情報を指摘する「Birdwatch」のメモが一部ユーザー向けに表示開始


Twitterはフェイクニュースの拡散を防ぐための取り組みの一環として、ユーザー自身が誤解を招く恐れがあるツイートにメモを残せる「Birdwatch」という機能をテストしています。Birdwatchの公式アカウントが現地時間の2021年6月2日、Android版・iOS版・ブラウザ版を利用するBirdwatchのパイロットプログラム参加者に対し、Birdwatchのメモをツイート内に表示することを発表しました。


Twitter rolls out 'Birdwatch' fact checks inside tweets - IBTimes India
https://www.ibtimes.co.in/twitter-begins-fact-checking-tweets-introduces-birdwatch-how-it-works-837100

Twitterはフェイクニュースの拡散を防ぐため、誤情報にラベルを付けたりRTで共有する記事を事前に読むように促したりする取り組みを行っています。Birdwatchもそんな取り組みの1つであり、「誤解を招くツイートに対してユーザーが参考となるコメントを残し、他のユーザーと有益な情報を共有できる」という機能です。

Birdwatchがどんな機能になっているのかは、以下の記事を読むとよくわかります。

誤情報ツイートに対して参考情報を示すTwitterの新機能「Birdwatch」登場 - GIGAZINE


Birdwatchのパイロットプログラムは2021年1月から開始されており、プログラムへの登録を行ったアメリカに住むユーザーが利用可能でした。ところが、初期のパイロットプログラムではツイート内にBirdwatchのメモが表示されるのではなく、専用のウェブサイトでのみメモが閲覧できる仕組みとなっていました。

そして6月2日、ついにBirdwatchのパイロットプログラムに参加するユーザー向けに、Android版・iOS版・ブラウザ版でBirdwatchのメモがツイート内に表示されることが発表されました。新たな変更により、Birdwatchのパイロットプログラムに参加しているユーザーでは、以下のようにツイート内にBirdwatchのメモが表示される場合があります。


Birdwatchのメモはその他のユーザーによって評価され、「現在、参考になったと評価されている」という評価を受けたメモがツイートと共に表示されます。複数のメモが「現在、参考になったと評価されている」場合は、一定の時間ごとに表示されるメモがローテーションされるとのこと。


また、ツイートに付いたメモの中に「現在、参考になったと評価されている」ものがない場合は、書かれたメモの数だけが表示されたカードが表示され、ユーザーはカードをタップすることで全てのメモを読むことができます。


全てのメモが「現在、参考にならないと評価されている」場合はツイートにメモが表示されず、ツイートの詳細にあるBirdwatchアイコンをタップすることでメモを見ることが可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
誤情報ツイートに対して参考情報を示すTwitterの新機能「Birdwatch」登場 - GIGAZINE

Twitterでフェイクニュースを指摘された人は「かえって意見が偏っていく」との研究結果 - GIGAZINE

フェイクニュースを拡散するのはTwitterボットではなく普通の人と判明 - GIGAZINE

Twitterで「誤解を招く」とラベルが付いたツイートをリツイートもしくはいいねしようとすると警告が表示されるように - GIGAZINE

Twitterが「RT前にリンク先を読む」ように促すオプションを全てのユーザーに拡大すると発表 - GIGAZINE

フェイクニュース対策には「記事の見出しが正確かどうか」を考えさせることが有効 - GIGAZINE

認知能力が低い人ほど自分の考えに近いフェイクニュースを信じやすい、「偽の記憶」まで作り出してしまうことも - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.