ゲーム

「リトルビッグプラネット」のサーバーがハッカーの攻撃により一時閉鎖される


PlayStation 3(PS3)向けのアクションゲームとしてスタートした「リトルビッグプラネット」シリーズが、ハッカーからの攻撃を繰り返し受けています。新たに、ハッカーによる嫌悪発言が原因となり、リトルビッグプラネットシリーズのサーバーが一時的に閉鎖されていることが明らかになりました。

LittleBigPlanet Servers Closed After Hackers Post Hateful Messages
https://kotaku.com/littlebigplanet-servers-closed-after-hackers-post-hatef-1846952210

LittleBigPlanet servers offline as fans report DDOS attack • Eurogamer.net
https://www.eurogamer.net/articles/2021-03-12-littlebigplanet-servers-offline-as-fans-report-ddos-attack

2021年3月、リトルビッグプラネットのサーバーがダウンしました。リトルビッグプラネットの開発元であるXDevは「いくつかの技術的な問題を調査している間、サーバーがオフラインになりました」と報告していますが、サーバーがダウンしたのはリトルビッグプラネットシリーズの方向性に不満を持ったハッカーによる、DDoS攻撃が原因なのではとも報じられています。


なお、攻撃を受けたリトルビッグプラネットのサーバーは、シリーズのさまざまなタイトルやコミュニティ製コンテンツに影響を与えているとのこと。リトルビッグプラネットの公式ソーシャルメディアサイトである「www.LBP.me」も2020年11月にオフラインとなってから5カ月以上接続できないままとなっており、同じハッカーによる攻撃が原因ではと推測されています。


これらの攻撃に続く形で、ハッカーがトランスフォビア的なメッセージを投稿するためにゲームのコミュニティ機能にアクセスしたため、サーバーが一時的に閉鎖されることとなりました。

リトルビッグプラネットシリーズの公式Twitterアカウントは、「リトルビッグプラネットのサーバーアップデート:最近の攻撃の重大度から、ゲームサーバーを一時的に閉鎖せざるを得なくなりました。特に忠実なコミュニティメンバーを標的とするような攻撃の場合、これを軽視することはできません」とツイートしており、サーバーを一時閉鎖したのはコミュニティメンバーを守るための措置であることを付け加えています。


リトルビッグプラネットへの攻撃が行われるようになって2カ月以上経過していますが、海外ゲームメディアのKotakuは、「ソニーは技術的な観点から問題に対処するだけで、攻撃が行われている理由やコミュニティを救うために何ができるかについては説明がありません」と記しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
リトルビッグプラネットの最新作「Sackboy A Big Adventure」がPS5で登場 - GIGAZINE

PS3ソフト「リトルビッグプラネット」のCMに綾波レイや孫悟空、アムロ、のび太、峰不二子が登場 - GIGAZINE

ソニーがPSPの新色を発表、PS3ソフト「リトルビッグプラネット」などのPSP版も - GIGAZINE

SCEがE3 2014で実施したプレスカンファレンスまとめ、「リトルビッグプラネット3」など発表 - GIGAZINE

in ゲーム,   セキュリティ, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.