モバイル

AppleとEpic Gamesの対審で責任者がApp Storeの収益性について語る

by Dave Schumaker

ゲーム「フォートナイト」の開発元であるEpic GamesがAppleに対し、「App Storeの30%の手数料は高額である」として訴訟を起こしている件で、Epic GamesとAppleとのトライアル(対審)が現地時間の2021年5月3日から開始されています。第3週となる5月17日、App Storeの責任者であり、Appleの特別研究員に与えられる「Apple Fellow」の称号を持つフィル・シラー氏がトライアルに参加し、App Storeの収益性について証言しています。

Apple to Call Tim Cook to Testify in Case Against ‘Fortnite’ Maker Epic Games - WSJ
https://www.wsj.com/articles/apple-set-to-call-tim-cook-soon-to-witness-stand-to-fight-monopoly-claims-11621245604?mod=djemalertNEWS

Phil Schiller reveals $50M cost for WWDC, App Store Small Business Program details, more - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2021/05/17/phil-schiller-reveals-50m-cost-for-wwdc-app-store-small-business-program-details-more/

Apple drove $400 billion a year in physical goods via App Store, spends $50M on WWDC - The Verge
https://www.theverge.com/2021/5/17/22440629/apple-app-store-physical-purchases-400-billion-50-million-wwdc

Epic-Apple Trial Hangs Over Some 50,000 Games on App Store - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-05-17/epic-apple-trial-hangs-over-thousands-of-games-on-app-store

Epic Gamesは5月3日に行われたトライアルの初日に、「App Storeの粗利益率が2019年の時点で77.8%に達している」と指摘。AppleがApp Storeの手数料を30%に設定しているのは「App Storeそのものの収益性が高いため」だとし、「セキュリティ維持やプライバシー保護、その他の運用のために手数料を30%に設定している」というAppleの主張は正当化できないと主張しています。


5月17日に出廷したシラー氏は、Epic Games側の主張に対して「その利益率はApp Storeの開発費やイベントの費用を計算に入れておらず、誤解を招く可能性がある」と反論。シラー氏はAppleが毎年開催している開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」を例に挙げ、「AppleはWWDC開催のために毎年5000万ドル(約55億円)を費やしているが、この費用はApp Storeの運用コストとして計算されてはいない」と主張し、「App Storeの損益を簡単に計算する方法はない」と説明しています。また、シラー氏は「過去15年間でApp Store関連の研究開発に1000億ドル(約11兆円)を費やしており、そのうち180億ドル(約2兆円)を2020年の1年間に費やしている」とも述べており、App Storeの実際の利益率は低いと主張しています

シラー氏は「App Storeのゲームアプリのうち、約75%が完全無料アプリ、約17%がフォートナイトのような基本無料のフリーミアムアプリ、約6%が有料アプリ、約2%がサブスクリプション型アプリである」とも証言しました。この情報は、他のゲーム開発者の訴訟にも影響を与える可能性があるとみられています。

また、シラー氏は「課金機能を実装しているアプリの開発者のうち90%が、手数料を半額の15%に抑える『App Store Small Business Program』への参加資格を持っている」「このプログラムはEpic Gamesからの訴訟により開発されたものではないが、承認を得るためには役に立った」とも話しました。


他にも、ストリーミングサービスの手数料率を低くするApp Storeの「ビデオパートナープログラム」についても話し、「誰でも参加できるこのプログラムは、開発者が他のサービスから自身の顧客サービスを守るよう求めたために生み出された」と説明しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「フォートナイト」開発元のEpic GamesがAppleを提訴 - GIGAZINE

Apple対Epic Gamesの法廷闘争で両社のCEOが証言予定、Facebook・Microsoftの幹部も - GIGAZINE

Apple対Epic Games訴訟の対審がスタート、ティム・スウィーニーCEOも発言 - GIGAZINE

「フォートナイト」開発元とAppleの訴訟でEpic GamesのCEOがコメントを公開 - GIGAZINE

AppleはAmazonとだけ「手数料を半額にする密約」を交わしていたことが判明 - GIGAZINE

Appleを訴えたEpic Gamesに勝ち目はあるのか、専門家の見解は? - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ゲーム, Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.