試食

おうちで爆速&手間なしで台湾料理「ルーローファン」を食べられる「ルーローファンふりかけ」試食レビュー


外食や旅行が難しい中で、お店の味が食べたくなりますが、特に外国の料理を作るとなると材料をそろえてレシピを調べてと面倒が多いもの。そんななか、台湾料理の「ルーローファン」をご飯にかけるだけで味わえる「ルーローファンふりかけ」なるものを発見したので、どんな仕上がりになっているのか、実際に購入して食べてみました。

ルーローファンふりかけ 30g - カルディコーヒーファーム オンラインストア
https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4515996934537

これがルーローファンふりかけのパッケージ。


内容量は30gで、1袋あたりのカロリーは131kcalとなっています。


原材料名を見てみると、先頭に「焼豚風味チップ」の文字。焼豚風味チップに豚肉そのもの入っておらず、粒状大豆たんぱく、植物油脂・粉末醤油・香辛料・ポークエキスパウダーを使っています。ほか、ごま、焼豚風味顆粒、味付け豚肉、砂糖、フライドオニオンなどいろいろ入っていました。


お皿に開けてみると……


謎肉っぽい見た目の塊やごま、フライドオニオンなどが確認できます。


さっそく白ご飯を準備して……


ご飯にルーローファンふりかけをのっけてみると、なぜかカップヌードルのような香りが漂います。


食べてみると、豚の旨みとともに、ほんのりとごまや五香粉の香りを感じて、台湾好きなら「確かにルーローファン!」と納得する仕上がり。ただ好き嫌いのある五香粉の存在感は弱めなので、非常に食べやすくなっている反面、本格的とまでは言えないかも。一方で、ルーローファン自体を食べたことがない人が「カップ麺の残り汁にご飯を入れたような感じでうまい」とコメントしていたのが印象的でした。


卵かけごはんにしてみたところ……


生卵との相性は抜群。ふりかけは最初、サクサクとした食感で香ばしさがありますが、水分を吸うと食感が失われるものの、味がご飯や卵になじんでグッドでした。


こんな感じで煮卵や野菜と一緒に盛れば丼として食べることもできます。好きな人には台湾の味を感じさせつつ、台湾に愛着がない人のご飯をもりもり進めてくれるので、買って失敗することはなさそうです。


なお、ルーローファンふりかけは税込192円で、カルディのオンラインサイトもしくは店舗で購入することが可能です。

ルーローファンふりかけ 30g - カルディコーヒーファーム オンラインストア
https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4515996934537

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ついに出た「カップヌードルふりかけ」を速攻試食レビュー - GIGAZINE

「卵のいらない卵かけご飯の素」は味の再現度が高すぎて逆にディストピア感が増幅しました - GIGAZINE

ペヤングの味わいをご飯にかけるだけで味わえる「ペヤングソースやきそば味ふりかけ」を食べてみた - GIGAZINE

みそをふりかけ&粉末状にしてあらゆる食べ物に使える「ミソフル」で卵かけご飯・アイス・野菜炒め・パスタなど作ってみました - GIGAZINE

たれ&大粒具材をふりかける新感覚のふりかけ「たれサクふりかけ<えび天味>」など全3種類を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.