ソフトウェア

Appleが広告業界を激変させる新ルール「App Tracking Transparency」適用の締め切り日をアプリ開発側に示す


AppleはiOS 14.5以降でプライバシーポリシーを大きく変更する予定であり、これが既存の広告システムに大きな影響を与え、「広告業界のエコシステムが一転する」といわれています。AppleはiOS 14.5の公開日を明らかにしていませんが、2021年4月20日付けで、開発者向けのページにおいて「2021年4月26日までに仕様変更を行うこと」を求めました。

App Storeへの提出に関するアップデート - ニュース - Apple Developer
https://developer.apple.com/jp/news/?id=ib31uj1j


AppTrackingTransparencyの要件への対応について - ニュース - Apple Developer
https://developer.apple.com/jp/news/?id=ecvrtzt2

Apps Must Adhere to App Tracking Transparency Rules and Be Built With iOS 14 SDK Starting April 26 - MacRumors
https://www.macrumors.com/2021/04/20/app-tracking-transparency-april-26-enforcement/

Appleは2020年に「アプリが広告識別子であるIDFAを使ってユーザーの行動を追跡するには、事前にユーザーの許可が必要になるよう、iOSのポリシーを変更を行う」という予定を発表しました。プライバシー強化を目的とした「App Tracking Transparency(ATT)」と呼ばれるこの機能は、当初2020年中に導入される予定でしたが、延期が発表され2021年春に公開予定のiOS 14.5で実装される予定だと示されました。

この延期の原因は広告関連企業からの反発にあります。多くの広告企業は、IDFAを利用してユーザーの行動を追跡し、そのデータを分析して「ユーザーの興味・関心が高いと思われる広告」を表示します。これにより、ユーザーが広告をタップしやすくなり、広告の費用対効果が高くなるためです。IDFAの利用がユーザーの許可制になれば、多くのユーザーでIDFAを利用したこのようなターゲティング広告を表示できなくなるため、「広告のパフォーマンスが低下する」というのが広告企業の大きな懸念となっています。

Appleは「ATTをiOS 14.5で導入する」と発表したものの、具体的な時期については明示していません。しかし、2021年4月21日2時から行われたAppleの配信イベント後……

M1搭載のiPad Pro&iMacに落とし物トラッカーのAirTagなど新製品が多数発表されたAppleの配信イベントまとめ - GIGAZINE


Appleは開発者向けページで「App Store submission update(App Storeへの提出についてのアップデート)」を公開。iPhoneおよびiPadアプリに関しては「2021年4月26日以降、App Storeに提出される全てのiPhoneおよびiPadアプリは、Xcode 12およびiOS14 SDK以上でビルドする必要があります」と示されました。Apple Watchについても同様に、4月26日以降はXcode 12およびwatchOS 7 SDK以上でビルドするよう記されています。

iOS AppとiPadOS AppをApp Storeに提出する - Apple Developer
https://developer.apple.com/jp/ios/submit/


App StoreにwatchOS Appを提出する - Apple Developer
https://developer.apple.com/jp/watchos/submit/


またAppleは「iOS 14.5、iPadOS 14.5、tvOS 14.5の公開以降、全てのアプリはApp Tracking Transparencyフレームワークを使ってユーザーに追跡あるいは広告識別子の使用許可を求める必要があります。追跡を有効にすることについてユーザーの許可を得ない限り、デバイスの広告識別子の値はゼロになり、それらを追跡することはできません」とも明示。

加えて、名前やメールアドレスなどを使用するといった形の追跡を含め、いかなる追跡もApp Storeの製品ページのプライバシー情報に記載する必要があり、ATTを通じて許可があった時のみにこれらは有効になるとのこと。アプリをApp Storeに公開するためにはAppleによるレビューを経ますが、レビューのため、開発側は「ユーザーを追跡する理由」をシステムプロンプトに含めることも求められています。上記の要件も4月26日以降の全てのアプリに適用されるとのことです。

Appleが「2021年4月26日以降」と記しているということは、26日当日あるいはその翌日にiOS 14.5が公開されていることを示唆している、とMacRumorsは記しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Appleが広告業界のエコシステムを一転させる日が刻々と近づいている - GIGAZINE

「Appleの広告トラッキングに関する仕様変更は小規模ビジネスに壊滅的な影響を与える」と主張するFacebookにティム・クックCEOが返答 - GIGAZINE

AppleとFacebookはなぜ全面対決しているのか? - GIGAZINE

Appleの自社プラットフォーム上の広告に対してフランスの規制当局が疑念を投げかける - GIGAZINE

Appleのプライバシーポリシー変更が想定とは真逆の「コンテンツの要塞」を作り出す - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.