試食

10種のスパイスと牛のうま味が強烈な中毒性を生み出す日清食品「カップヌードル シビれる花椒の火鍋ヌードル」試食レビュー


日清食品の看板商品「カップヌードル」シリーズに、中国の「火鍋」を再現したという「カップヌードル シビれる花椒の火鍋ヌードル」が加わりました。10種類の香辛料が火鍋独特の複雑で奥深い味わいを生み出しているとのことなので、実際に食べてみました。

「カップヌードル シビれる花椒の火鍋ヌードル」(4月19日発売) | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/news/9506

これが「カップヌードル シビれる花椒の火鍋ヌードル」


日清食品は世界各国の料理を採り入れた「世界のカップヌードル」というシリーズを提供しており、中国からは長い歴史を持つ火鍋が選ばれて今回のヌードルとなっています。


「10種の香辛料の苦味と辛味が効いたスープに、花椒のシビれがアクセント」とパッケージには書かれていますが、日清の辛さ基準では辛さレベルが5段階中の「3」、シビれレベルが5段階中の「1」と、辛さはほどほど、シビれは弱めというバランスの様子。


原材料名を見ると、スープには牛脂・香辛料・豚脂・チキン調味料などが入っており、かやくには味付け豚ミンチ・チンゲン菜・きくらげ・ねぎ・赤唐辛子が入っています。


カロリーは1食74gあたり343kcal。


パッケージの天面には、特製辣油(ラー油)の赤い小袋がくっついています。


中身を見ると、豚ミンチやチンゲン菜などのかやくの下側にある麺には、赤黒い粉が大量にかかっていました。顔を近づけると唐辛子や花椒の香りが感じられるので、これが火鍋を再現するスパイスの模様。


それでは調理していきます。作るにあたって必要なお湯の量は310ml。


待ち時間は3分間。待っている間は、フタの上で特製辣油の小袋を温めておきます。


3分経過後、フタを剥がして特製辣油を注ぎ入れて……


よくかき混ぜて完成。


まずはスープから飲んでみると、10種の香辛料の中でも際立っているのが唐辛子で、刺すような痛みが一瞬感じられるものの、すぐにスッと引くという、尾を引かない辛さ。一方、シビれはほんのわずかに感じる程度で、スープを飲みきった後に息をフーッと吐くと花椒の風味が鼻から抜けていきます。そのほかのスパイスは、クミンのような味わいが感じられるので、ややカレー感がありました。これらのスパイスに勝るほど強烈なのが旨味成分で、牛のうま味がガツンと感じられるため、かなり中毒性の高い味わいです。


麺はカップヌードルおなじみの、ツルッとしたコシのある麺で、スープがよく絡みます。時折感じられるチンゲン菜やきくらげのシャキシャキとした食感がアクセントになっていました。


日清「カップヌードル シビれる花椒の火鍋ヌードル」は2021年4月19日(月)から全国のコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで購入可能で、希望小売価格は税込208円。記事作成時点では、Amazon.co.jpで12個セットが2457円(1個あたり205円)で購入可能でした。

Amazon | 日清 カップヌードル シビれる花椒の火鍋ヌードル 74g ×12個 | カップヌードル | ラーメン 通販

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」試食レビュー、糖質50%オフ・タンパク質1.5倍の味を通常版と比較してみた - GIGAZINE

むちむちの極太麺が塩だれ・ニンニク・豚脂と絡んでジャンクさが振り切れた「日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃い黒胡椒 荒ぶる岩塩風焼そば 豚塩&ガーリック味」試食レビュー - GIGAZINE

簡単調理で野菜マシマシなニンニク風味のまぜそばを楽しめる「明星 チャルメラ もやしが超絶うまい まぜそば ニンニクしょうゆ味」試食レビュー - GIGAZINE

たった60秒で人気の博多ラーメンが味わえる「明星 取材NGの行列店 博多ラーメンばりこて監修 濃香 純豚骨」試食レビュー - GIGAZINE

最寄り駅から徒歩90分なのに行列ができるラーメン店のドス黒い&あまりにも濃いスープを再現した「四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.