試食

ボリューム満点のカツカレーと麻婆が融合した大阪王将「元気盛り ハッスル麻婆カツライス」を食べてみた


大阪王将からトロトロの炒り玉子とカレースパイス香る濃厚麻婆あんにサクサクに揚げられたカツまで加わった「元気盛り ハッスル麻婆カツライス」が2021年4月15日に登場しました。「カレースパイス香る麻婆あん」とはどのような味わいなのか、実際に食べてみました。

~大阪王将"この街の味"シリーズ第6弾~『元気盛り ハッスル麻婆カツライス』4月15日(木)より期間限定で販売開始! | 餃子専門店の心意気 大阪王将
https://www.osaka-ohsho.com/campaign/

というわけで、大阪王将に到着。


店頭には目当てのメニューをアピールする垂れ幕がかかっていました。


今回はテイクアウトで持ち帰ってきました。イートインの場合は999円ですが、テイクアウトの場合は単品税込873円となり、食品安全のために「温泉玉子」が付きません。なお、「餃子セット」もありますが、西日本では税込1244円、東日本では1264円と東西で価格が異なります。


持ち帰りのパッケージは、ご飯部分と具材部分が上下に重なった構造。今回はご飯並盛りで注文しましたが、無料で大盛に変更できます。


具材部分はかなりのボリュームで、実際に目の当たりにすると圧を感じます。交通系ICカードと比べるとこんな感じ。


付属のスープはとろみのある玉子スープでした。


まずは具材をご飯にかけて丼を完成させます。具材側の器をガバッと持って……


ご飯の上に流し込んで完成。顔を近づけると、カレーと麻婆の花椒・唐辛子が混ざったような香りが漂ってきます。


というわけで、いざ実食。具材はカツと卵オンリーなので、まずは卵から食べてみると、フワフワの食感とともに、唐辛子とカレーの風味を感じますが、鼻に抜ける香りは花椒という、なんとも不思議な麻婆とカレーの融合感。噛みしめると卵の味がするものの、麻婆&カレーの味のインパクトが上回っています。後味はカレーがメインで、唐辛子は尾を引かないような瞬発力のある辛さです。


一方のカツは一口で食べるのが難しいサイズで、食べ応えが抜群。かむと旨味が口の中にあふれて、麻婆&カレーのパワフルな味に負けない「肉の味わい」を堪能できます。


「元気盛り ハッスル麻婆カツライス」は2021年4月15日から一部の店舗を除く大阪王将で期間限定で購入可能。実際に購入しようとしたところ、提供可能店舗はかなり少ない様子だったので、確実に食べたい場合は最寄りの店舗に直接問い合わせるほうがベターです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
和風の味付けで親子丼と相性バツグンなキーマカレーを楽しめる「キーマカレー親子丼」を食べてみた - GIGAZINE

重量700g&カロリー1108kcal、牛丼・焼そば・カレー・チーズオムレツ全のせでもはや何を食べているのか分からないすき家「やきそば牛丼オムカレーMIX」試食レビュー - GIGAZINE

史上最大量の「9倍」ニンニクと濃厚背脂で依存症患者を量産する「背脂にんにくクラッシュすた丼」を伝説のすた丼屋で食べてみた - GIGAZINE

神戸牛をすき焼き風に味付けしてドサッとのせた丸亀製麺の「神戸牛と大和芋のとろ玉うどん&神戸牛すき焼き丼」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.