ハードウェア

Microsoft「Surface Laptop 4」発売、プロセッサが第11世代Core/Ryzenから選べる超薄型タッチスクリーン付きノートPC


Microsoftが純正ノートPCシリーズ「Surface」の最新機となる「Surface Laptop 4」を発表しました。かねてから報じられていた通り、プロセッサをIntel製の「第11世代Core」とAMD製の「Ryzen 5/7」の最新モデル2種から選択可能となっています。

新しい Surface Laptop 4: 超薄型のタッチスクリーンのノート PC - Microsoft Surface
https://www.microsoft.com/ja-jp/p/surface-laptop-4/946627FB12T1

Introducing Surface Laptop 4 and new accessories for enhanced meeting experiences | Microsoft Devices Blog
https://blogs.windows.com/devices/2021/04/13/introducing-surface-laptop-4-and-new-accessories-for-enhanced-meeting-experiences/

「Surface Laptop 4」は、CPUを「カスタム AMD Ryzen Microsoft Surface エディション プロセッサ」と「第11世代Intel Coreプロセッサ」から選択できる点が特徴。価格もCPUに応じて異なり、13.5インチはRyzenモデルが12万8480円から、第11世代Coreモデルが16万1480円から。15インチはRyzenモデルが16万1480円から、第11世代Coreモデルが21万6480円からとなっています。


そのほかの特徴については、以下の公式ムービーを見るとわかります。

Introducing Microsoft Surface Laptop 4 - YouTube


「Surface Laptop 4」は、Microsoftが「most powerful Laptop(最も強力なノートPC)」と銘打つ機体。


サイズは13.5インチと15インチモデルの2種。


暗い場所でもクリアに撮影できるリモートワークに最適な高精細カメラ(720p HD、f2.0)1基に、周囲の雑音を低減して音声を捉えられる「Dual far-field スタジオ マイク」が2基搭載されています。


サウンドはDolby Atmos 7 搭載のOmnisonicスピーカー。Microsoftいわく、「まるで映画の中にいるような没入感のあるサウンド」とのこと。


入力インターフェイスは大きめサイズのトラックパッドに、応答性の高いキーボード。Microsoftはキーボードについて、「業界をリードするタイピングエクスペリエンス」と表現しています。


スクリーンはSurface ペンにも対応したタッチスクリーン式のPixelSenseディスプレイ。13.5インチが2256×1504ピクセルで、15インチが2496×1664ピクセルと、いずれも縦横比は3:2。


バッテリー持続時間は、AMDモデルは13.5インチが最大19時間、15インチが最大17.5時間、Intelモデルは13.5インチが最大17時間、15インチが16.5時間で、充電時間も高速。


カラーバリエーションは「アイスブルー」「サンドストーン」「プラチナ」「マットブラック」の全4色。


スペック詳細は「技術仕様」から確認可能で、主な仕様については以下。

 13.5インチモデル15インチモデル
本体サイズ308mm×223mm×14.5mm339.5mm×244mm×14.7mm
重量プラチナとアイス ブルー:1265g
マットブラックとサンドストーン:1288g
プラチナとマットブラック:1542g
ディスプレイスクリーン:13.5インチ PixelSenseディスプレイ
解像度:2256×1504(201PPI)
縦横比:3:2
Surfaceペン対応
タッチ:10点マルチタッチ
スクリーン:15インチ PixelSenseディスプレイ
解像度:2496×1664(201PPI)
縦横比:3:2
Surfaceペン対応
タッチ:10点マルチタッチ
メモリ8GB、16GBまたは32GB LPDDR4x RAM(AMD Ryzenエディションでは一部選択不可)
プロセッサクアッドコア第 11 世代 Intel Core i5-1135G7 プロセッサ
クアッドコア第 11 世代 Intel Core i7-1185G7 プロセッサ
AMD Ryzen 5 4680Uモバイルプロセッサ(6コア)Microsoft Surfaceエディション
クアッドコア第 11 世代 Intel Core i7-1185G7 プロセッサ
AMD Ryzen 7 4980Uモバイルプロセッサ(8コア)Microsoft Surfaceエディション
バッテリー駆動時間Intel Core プロセッサ:最大17時間
AMD Ryzen Microsoft Surface エディション プロセッサ:最大19時間
Intel Core プロセッサ:最大16.5時間
AMD Ryzen Microsoft Surface エディション プロセッサ:最大17.5時間
ストレージ256GB、512GB、または1TBの取り外し可能なSSD(AMD Ryzenエディションでは一部選択不可)
外部端子

USB Type-C×1、USB Type-A×1、3.5 mmヘッドフォンジャック、Surface Connect ポート×1

カメラ、ビデオ、およびオーディオ

Windows Hello顔認証によるサインイン用カメラ(前面)、720p HD f2.0 カメラ(前面)、Dual far-fieldスタジオマイク、Dolby Atmos 7搭載Omnisonicスピーカー

ソフトウェア

Windows 10 Home 20H2、Office Home & Business 2019

保証&サポート1年間の製品保証、60日間の返品ポリシー、90日間の電話での無料テクニカル サポート


また、「Surface Laptop 4」と同時に、薄く、軽く、携帯性に優れるという 「Surface アークマウス」(税込9878円)や臨場感に満ちたOmnisonicサウンドが楽しめる「Surface Headphones 2」(税込3万2428円)、Surface Connect ケーブルをつなぐだけでデバイスの充電や、外部モニター、キーボード、マウスなどが利用可能になる「Surface ドック 2」(税込3万2340円)のアクセサリも登場しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
15インチのディスプレイ搭載のスリムなMicrosoft「Surface Laptop 3」フォトレビュー - GIGAZINE

Intelの第11世代Coreプロセッサ「Tiger Lake」をAMDの対抗馬「Ryzen 7」と比較してみた結果とは? - GIGAZINE

MicrosoftがiPadをディスりながらSurfaceをほめたたえるCMを公開 - GIGAZINE

Microsoftの純正ノートPC「Surface Laptop 4」ではCPUをIntel製とAMD製で選べるようになるという報道 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.