ソフトウェア

Googleが商品価格検索サービス「Googleショッピング」のアプリ版を提供終了すると発表


Googleが商品価格検索サービス「Googleショッピング」のiOSアプリ版Androidアプリ版のサポート終了を発表しました。今後、Googleショッピングはウェブブラウザ版のみの提供となります。

Google is shutting down the mobile app for Google Shopping
https://www.xda-developers.com/google-shopping-app-being-killed-off/

Google Shopping for Android shuts down in favor of the web - 9to5Google
https://9to5google.com/2021/04/09/google-shopping-app/

Google is shutting down its mobile Shopping app - The Verge
https://www.theverge.com/2021/4/11/22378483/google-shut-down-mobile-shopping-apps-ios-android

2021年4月9日、開発者向けのコミュニティサイトXDA Developersが「Googleショッピング」アプリに提供終了を通知するメッセージを含むコードが追加されたことを報じました。以下が実際のコード。「The app is unavailable right now, but you can continue shopping on shopping.google.com(現在アプリは利用できません。利用したい場合は、shopping.google.comにアクセスしてください)」という一文が含まれています。

<string name="sunset_default_primary_button_text">Shop on the web</string>
<string name="sunset_default_subtitle">The app is unavailable right now, but you can continue shopping on shopping.google.com</string> 
<string name="sunset_default_title">Something went wrong</string>


実際に、アプリ版Googleショッピングを利用すると「問題が発生しました」という一文が表示されていることが確認されていました。さらに、このタグに含まれる「sunset」という文字列がGoogleがアプリを廃止するときに用いるものだったことから、Google系ニュースを主に取り扱う9to5GoogleがGoogleに問い合わせを行ったところ、Googleが直々に「2021年4月中にアプリ版Googleショッピングのサポートを終了します。アプリがユーザーに提供する全機能は、ウェブブラウザで利用可能です」と通達してきたとのこと。

アプリ版とウェブブラウザ版のGoogleショッピングは、UIの一部を除けばほぼ同等の機能でしたが、アプリ版はGoogle製モバイルアプリフレームワークのFlutterで開発されていました。そのため、アプリ版の開発を取りやめてウェブブラウザ版に一本化することで、エンジニアリングリソースを節約する狙いがあるのでは、と9to5Googleは指摘しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleの終了したサービスやプロジェクトを弔うGoogleサービスの墓場「The Google Cemetery」 - GIGAZINE

Googleの消えたサービス・製品まとめ、存在すら忘れられていそうなものも - GIGAZINE

GoogleのIoT用プラットフォーム「Android Things」が終了へ、IoT向け汎用OSの野望は軌道に乗らず失速 - GIGAZINE

GoogleのURL短縮サービス「URL Shortener」が2019年3月30日で終了 - GIGAZINE

Googleがメールアプリ「Inbox」を廃止へ - GIGAZINE

50万人のユーザー情報が流出したGoogle+がサービス終了、利用低調を理由にするも別の理由が指摘される - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.