レビュー

Google Earthで部屋の床に穴を開けて地球の裏側をのぞきこめる「Floom」レビュー


「地面にドリルで穴を掘り続けたら地球の裏側に到達できるはず」と、子どもの頃に空想した人も多いはず。そんな発想をARで実現してしまったGoogleのウェブサービス「Floom」が公開されました。一体自分のいる場所の「地球の裏側」はどうなっているのかを確かめるべく、実際に使ってみました。

Floom by Google Creative Lab | Experiments with Google
https://experiments.withgoogle.com/floom

Floom
https://floom.withgoogle.com/

まずはARCore対応のAndroid端末を使って、ChromeでFloom公式サイトにアクセスします。「Let's go!」をタップし……


「Continue」をタップ。


さらに「floom.withgoogle.com から、デバイスの現在地情報の使用許可を求められています」と表示されるので「許可」をタップ。


「Explore!」をタップ。


「floom.withgoogle.com が周囲の3Dマップの作成とカメラ位置の追跡を求めています」と表示されるので「許可」をタップ。


「写真と動画の撮影を『Chrome』に許可しますか?」と尋ねられるので、普段から許可したくなければ「今回のみ」をタップすればOKです。


まずは穴を掘る位置を決めるべく、カメラを床にかざしながら穴を掘る位置を探しうろうろします。真ん中の地球儀アイコンをタップすると……


うずまきのようなドリルが出現。メッセージによると、スマートフォンの傾きを変えると、ドリルを掘る角度も変わるので、同じ場所でも違う場所が現れるようです。


ここかな……という場所を決めたらドリルをタップ。


すると「Coral Sea, New Caledonia(ニューカレドニアの珊瑚海)」への穴が開きました。


のぞいてみるとこんな感じで青が鮮やかな海を見ることができました。


足を踏み入れることはできず。


画面上部の「Coral Sea, New Caledonia」をタップすると……


Google Earthアプリを開くかどうかの選択肢が表示されます。ここで「OK」をタップするとGoogle Earthが開き、穴の先をさらにじっくりみることが可能なわけです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleストリートビューがすさまじい一瞬を捉えてしまった写真いろいろ - GIGAZINE

ウォーリー・ハト人間・セクシーお姉さんなどGoogleストリートビューが偶然激写した奇妙な人々まとめ - GIGAZINE

表示されたGoogleストリートビューの場所がどこかを手がかりを集めて探し当てる推理ゲーム「GeoGuessr」レビュー - GIGAZINE

Google Earthが22年前の失踪事件を解決したと話題に - GIGAZINE

Google Earthを使って未知の熱帯雨林が発見される - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.