試食

直火焼きビーフと焼きチーズで香ばしさが押し寄せるバーガーキングの「アグリービーフバーガー」にテリヤキ味が登場したので食べてみた


「売れすぎたチーズバンズバーガー、テリヤキでおかえり。」ということで、2020年に販売され人気を博した「アグリーバーガー」の新作「テリヤキアグリービーフバーガー」が2021年4月2日からバーガーキングに登場しています。ゴーダチーズ、エグモントチーズ、モッツァレラチーズ、チェダーチーズという4種のチーズをのせてカリっと焼き上げた「チーズバンズ」を使ったバーガーが、今度は焦がしねぎと赤味噌が隠し味のテリヤキ味になっているとのことなので、実際に食べてみました。

4種のチーズ香る“チーズバンズ”とオリジナルテリヤキソースが直火焼きの100%ビーフパティにマッチ 『テリヤキアグリービーフバーガー』新発売
https://www.burgerking.co.jp/dist/home/#/campaignDetail/322

バーガーキングに到着。


店頭ではテリヤキアグリービーフバーガーの写真が大きく掲げられていました。


今回はテイクアウトで購入。


テリヤキアグリービーフバーガーの包み紙はこんな感じ。TU(テリヤキアグリー)という頭文字が書かれています。


袋に包まれた状態でもかなりのサイズで、女性の手のひらに載せるとこのくらい。手の小さい人は両手で食べないと厳しいかも。


開封してみました。


バーガーの直径は12cmほどで……


高さは6cmほど。


バンズの表面には香ばしく焼かれたチーズがたっぷり。顔を近づけると濃厚&香ばしいチーズの香りが漂うので、チーズ好きにはたまりません。


下側のバンズまで焼きチーズがたっぷりです。


バンズをずらしてみると、レタス・トマト・レタスとともに、テリヤキソースがたっぷりまぶされたパティが挟まれていました。


ということで実際に食べてみます。


食べた瞬間は直火で香ばしく焼かれたパティと甘辛いテリヤキソース、そしてマヨネーズやフレッシュな野菜との定番にして最高な相性を楽しめます。チーズバンズはややかみ応えがあり、かめばかむほどチーズのコクや風味がどんどん広がっていき、味わいが一辺倒になりがちなテリヤキ味に良い意味でひねりを加えています。チーズはかなり濃いのですが、焼いているためか重さやクドさがないのもポイント。2020年11月に登場した「チキン・デ・アグリーバーガー」は完全にチーズの味わいが勝っていましたが、テリヤキアグリービーフバーガーは良い感じにテリヤキとチーズのバランスが取れ、どちらの風味も楽しめました。


なお、テリヤキアグリービーフバーガーは単品が税込690円、セットで税込990円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
チーズには麻薬並の中毒性があることが研究により判明 - GIGAZINE

濃厚チーズをチョコで包んだロシアの高密チーズケーキ「スィローク」試食レビュー - GIGAZINE

4種類のチーズがたっぷりサンドされたホットサンドを「Melt Sand秋葉原店」で食べてきた - GIGAZINE

比類ないチーズケーキ体験ができるロシア料理店トロイカの「ベークド・チーズケーキ」は舌触りが別次元 - GIGAZINE

モッツァレラチーズをお餅のようにコネつつお家で手作りする方法まとめ - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.