宇宙空間で熟成されたワインはどのように味が変化するのか?


ワインの品質は原料となるブドウの品種や栽培する土壌、気候などによって変化するため、ワイン生産者らは試行錯誤を繰り返して品質の向上を目指しています。ヨーロッパの宇宙開発スタートアップ・Space Cargo Unlimitedブドウ・ワイン科学研究所(ISVV)が、世界で最も高値で取引されるワインの1つ「シャトー・ペトリュス」のボトルや、ブドウの接ぎ木に使用する穂木を宇宙ステーションに持ち込む実験を行い、実際に「宇宙で1年間熟成されたワイン」の試飲会が開かれました。

Château Pétrus: does a case of top-notch Bordeaux really taste different after being in Space? | Euronews
https://www.euronews.com/2021/03/24/chateau-petrus-does-a-case-of-top-notch-bordeaux-really-taste-different-after-being-in-spa

Space Cargo UnlimitedとISVVが協力して国際宇宙ステーション(ISS)に送ったのは、シャトー・ペトリュスのボトル12本とブドウの穂木320本です。実験を支援した研究者のMichael Lebert博士は、「宇宙に行く主な目的は、ワインの熟成プロセスがどのように機能しているのか、そして熟成プロセスにどのような影響を与えられるのかを確認することでした」とコメント。


以下のムービーでは、「宇宙で1年間熟成されたワイン」と「地上で同じ期間熟成されたワイン」を飲み比べる試飲会の様子が確認できます。

Château Pétrus: does a case of top-notch Bordeaux really taste different after being in Space? - YouTube


Space Cargo UnlimitedとISVVが打ち上げた12本のワインはISSで1年間熟成された後、無事に地球へ帰還しました。


ISVVボルドー支部の局長兼ワイン専門家でもあるPhilippe Darriet氏が手に持っているのが、宇宙で熟成されたシャトー・ペトリュス。


宇宙に送られたのは2000年のシャトー・ペトリュスだったそうです。


専用の器具を使って開栓され……


グラスに少しずつ注がれていきます。宇宙で熟成されたシャトー・ペトリュスが通常のシャトー・ペトリュスとどう違うのかを知るため、専門家らが地上で熟成されていたシャトー・ペトリュスと飲み比べを行いました。


専門家は真剣でありつつも、どこか楽しんでいるような表情でテイスティングしています。


ワイン専門誌の「The Decanter」でライターを務めるワイン専門家のJane Anson氏は、「どちらもゴージャスな味わいでしたが、地球に残っていたものはまだ少し閉じていて、よりタンニンがあって若かったです。宇宙にあったものはタンニンがより柔らかくなり、花の香りがより多く出ていました」とコメントし、2つのワインには違いがあったと主張。その一方で、テイスティングした全員がワインに違いがあると感じたわけではなく、ワイン専門家のFranck Dubourdieu氏は「定義するのは簡単ではありませんでした。正しく理解できたかどうかわかりません」と述べ、正直なところ違いを識別するのは難しかったとしています。


実験を支援したLebert博士は2つのワインに違いが出る理由として、地上と宇宙空間における「対流」の差を挙げています。ワインをグラスに注ぐ前に「デキャンタ」と呼ばれるガラス容器に移したり、グラスの中で揺らしたりすると、ワインの酸化が加速して味や香りに変化が現れます。熟成中のワインでも、周囲の酸素と反応してゆっくりと酸化が進んでいますが、対流によってワインの周囲は常に一定の酸素濃度に保たれています。ところが、無重力の宇宙空間では対流が発生しにくいため、酸化が進みにくいとのこと。


重力や酸素が熟成プロセスに与える影響を理解することは、ワインをより速く熟成させる方法の開発につながる可能性があります。


また、今回の実験ではワインに使うブドウの穂木も宇宙に送られました。


宇宙空間では光と水が限られていたにもかかわらず、打ち上げられた320本の穂木が全て生き残った上に、地上の穂木よりも速いスピードで成長したとのこと。


生物は外部からのストレスによって新たな特性を獲得することがあるため、無重力というストレスがかかる状況に置くことで、ブドウが気候変動や病気、塩分濃度の高い土壌といった問題に対する回復力を獲得する可能性があると期待されています。研究者らは今後数カ月でさらに穂木を分析し、宇宙空間で1年間過ごしたことでどのような変化が起きたのかを調べる予定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
宇宙育ちのレタスは食べて安全なだけでなく栄養豊富でおいしいと判明 - GIGAZINE

無重力の国際宇宙ステーションで野菜を種から育てて食べる実験が行われる予定 - GIGAZINE

国際宇宙ステーションから未知の細菌が発見される - GIGAZINE

中国の月面探査機内で綿花が発芽、月面で初めて植物が成長する - GIGAZINE

「火星移住者は赤ワインを飲むべし」という実験結果 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in サイエンス,   動画,   , Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.