メモ

Apple WatchやAirPodsなどウェアラブルデバイスの2020年における出荷台数が全世界で4億台を突破


ウェアラブルデバイスの世界的な出荷台数が2020年第4四半期(10月~12月)に1億5350万台に達し、2020年度通年では前年比28.4%増の4億4470万台に到達したと、調査企業のIDCが発表しました。IDCは、新型コロナウイルスの世界的流行が影響しているとみています。

Consumer Enthusiasm for Wearable Devices Drives the Market to 28.4% Growth in 2020, According to IDC
https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS47534521


IDCのリサーチマネージャーであるJitesh Ubrani氏は「新型コロナウイルスパンデミックは、多くの消費者に健康とフィットネスの重要性を意識させたため、ウェアラブルデバイス市場は非常に好調でした。家庭内で実行できるフィットネスプログラムは、さまざまな企業が提供するウェアラブルデバイスの重要なコンテンツとなっています。また、皮膚温度やECG(心電図検査)、心拍数追跡などのセンサーが進歩したことで、ユーザーと医療関係者も病気をより追跡しやすくなりました」と語っています。

以下のグラフは、2019年第4四半期から2020年第4四半期にかけての四半期ごとのウェアラブルデバイスの出荷台数とASP(平均販売価格)の推移をまとめたもの。IDCによれば、リストバンド型のウェアラブルデバイスの出荷台数(紫)は、ウェアラブルデバイスの出荷台数全体の11.5%で、前期比で17.8%減少したとのこと。これには2020年の半導体不足が大きく影響しているとIDCはみています。一方で、ウェアラブルデバイスの中で最も人気なのが、AirPodsGalaxy Budsなどのワイヤレスイヤホンに代表されるヒアラブルデバイスです。ヒアラブルデバイスの出荷台数(緑)は、ウェアラブルデバイスの出荷台数全体の64.2%で、Apple Watchなどの時計型デバイス(薄緑、24.1%)の2.5倍以上のシェアを占めています。


そして、企業ごとの2020年第4四半期(上)と2020年通年(下)の出荷台数割合と市場シェアをまとめた表が以下。


AirPodsシリーズやApple WatchをリリースするAppleが出荷台数の36.2%を占めており、市場のトップをリードしています。2020年にリリースされたApple Watch Series 6Apple Watch SEApple Watch Series 3は特に好調で、Apple Watchシリーズの出荷台数は前期比で45.6%増加したとのこと。また、AirPodsシリーズの出荷台数も急増しましたが、成長率はやや鈍化したそうです。

市場シェア第2位を占めるのはXiaomiで、前年同期比で5%の成長を遂げました。ただし、Xiaomiのリストバンド型ウェアラブルデバイスであるMi Bandの出荷台数は、半導体不足のあおりをうけて、前年同期比で18.3%減少したとのこと。一方でヒアラブルデバイスのAirdotsシリーズは好調で、前年から55.5%成長しました。

市場シェア第3位のSamsungも、ヒアラブルデバイス部門が大きく成長したとのこと。リストバンド型デバイスも低価格ブランドを展開しており、中国企業とも十分競争できていたものの、リストバンド型デバイスの出荷台数は約130万台で比較的少なかったとIDCは報告しています。また、Galaxyウォッチなどの時計型デバイスも2020年第4四半期で減少したとのこと。


2020年はアメリカ政府からの制裁に苦しめられたHuaweiは、市場シェア第4位。中国国内での出荷台数は9.4%増加したものの、アジア・太平洋、中東・アフリカ・西ヨーロッパなど、これまで好調だった市場では減少したとのこと。ただし、Huaweiは独自開発のスマートフォン向けOS「Harmony OS」を打ち出しており、自社のスマートウォッチとの連携がより高まることが期待されるとIDCはコメントしています。

BoAtはインドのスタートアップで、急成長を遂げる電子機器メーカーです。BoAtはインド市場でのみ事業展開をしており、出している製品もヒアラブルデバイスに絞っていますが、それでも540万台を出荷して世界市場シェアの第5位に躍り出ました。ただし、インド以外の市場は上位4社によって支配されているため、BoAtが今後事業を世界的に展開していくことは困難だろうとIDCは推測しました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
汗からストレスレベルを高精度に測定するウェアラブルデバイスが開発中 - GIGAZINE

Googleがフィットネストラッカーの「Fitbit」の買収を完了 - GIGAZINE

新型コロナの流行によりウェアラブル端末を用いた追跡に注目が集まる - GIGAZINE

Amazonがフィットネス用リストバンド「Halo」を発表、アプリと連携して健康管理から対人関係のサポートまでこなせるアイテム - GIGAZINE

新型コロナ対策にNBAが選手に支給した「Oura Ring 2」をバラバラに分解するムービー - GIGAZINE

Appleが激震を与えた「AirPods Pro」は何がどのように優れているのか専門家が分析するとこうなる - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in メモ,   ハードウェア, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.